スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

初期衝動??

Music Start Against Young Assault / '950423

FROG MEETING で、むらさんとチャイのみながらグダグダしてたら、
うっちーさんが、物販でこのCD-Rを売っていることを教えてくれました。
二人ともほとんど手持ちがなかったもんだから、物販も冷やかし程度だったもので、
まさかそんなお宝CD-Rが置いてあったなんて、夢にも思いませんでした。
うっちーさん、教えてくれてありがとうございました。

音のほうは、MSAYA最初期の録音物だけあり、うっちーさんがやってた
スクリーミング・ピンチ・ヒッター に近い感じです。かなりコアより。
録音も4chMTRで録音した感じの、スタジオ1発録りに近い感じのもの。
時間にしたら10分程度の音源ですが、僕みたいにMSAYAを
かなり後半からしか知らないものにとって、こんなにありがたい音源はないです。

昨夜は職場の資料をこつこつ作ってたら朝の6時になってて、
さっきまで寝ててこれから夜勤なので、ゆっくり聴いている暇がないですが、
明日帰ってきてから、部屋の掃除したりしながらいっぱい聴こうと思います。





スポンサーサイト

2006.04.13 | Comments(0) | Trackback(0) | ライブ行って音源買いました

外は寒いけど、中は暖かいよ。

Mount Eerie & Nikaido Kazumi Japan Tour 2006 at ease

昨日は、出かける時には既に雪がちらちらと舞っていたので、
もしかして、帰ってきたときには積もっているかな?とは思いましたが、
まさかこんなに積もっているとは予想もしてませんでした。
1時半には着くだろう~、なんて考えは大変甘かったです。

そんなこんなで、昨日はゑでぃまあこんさんと、二階堂和美さん見たさに、
老体に鞭を打ちながら、がんばって姫路easeまで。
大体の場所は分かっていましたが、いったいどこ行きのバスに乗ればいいやら分からず、
結局easeさんに直接電話をして聞いて、なんとか開演までには会場に入れました。
ガラス越しに店内の様子が見えましたが、こじんまりしたスペースにけっこうな人数が。
入り口付近にも人がたまっていたので、体をなんとかねじ込めて店内へ。
これがまた、なんとも居心地のいい空間で、ライブがなくても来たくなるいい感じ。
で、まずは今日の目的でもある、ゑでぃまあこんのCDを買って、ドリンクコーナーへ。
今日は車で来ているので、お酒はNG。
グレープフルーツジュースで同行者のむらさんとしばし歓談。

まずはゑでぃまあこん
試聴した音源にはドラムは入っていませんが、コンパクトな小口径セットには
以前から大ファンな小柄なドラマーの方(グラインドオーケストラで叩いておられた)が。
ゑでぃさんのギターとうた、ベース、ドラム、サックス(アルト・ソプラノ)、フルート、リコーダー。
これらの楽器がミニマムな音量でやさしく音を重ねてられていくさまに、
もううっとりするしかなかったです。
あっと言う間にゑでぃまあこんさんの音に吸い込まれていきましたねー。
音源としてはフォークっぽい印象でしたが、ライブはそこはかとなく北欧のかおり。
冬、セーター、ロッキングチェアー、大きな暖炉、そして音楽、って感じ。
怖では激烈なデスヴォイスなゑでぃさんですが、
ソフトでやさしい、やわらかなボーカルでした。
出音は小さいけど、なんだか大きなものを感じたなぁ。。。さいこーでした。

続いて WOELV
エレキギターの弾き語りでしたが、ウィーン少年合唱団のような声がステキ。
あんまりギターを弾かずに、アカペラっぽかったからそんな印象なのかも。
なんか清々しい、無垢なかんじ。和みます~。

次は Mount Eerie
基本的には WOELV と似た感じですが、こっちのほうが力強く、
ギターを楽器として扱っているかんじ。ま、男の人だしね。
ゆる~い格好をされていましたが、出音もゆる~い感じ。
ひたすらリラックス、リラックス。

トリ、二階堂和美
1曲目から、"待ってましたっ!"って感じですね。
歌の世界に入っておられるのか、表情がコロコロ変わって、
それだけじゃなくて、声まで七変化していました。
ギター1本だけで、いろんな表現の仕方があるもんだ~、と感心。
ニカさんの凄いところは歌だけじゃなくて、MCもすっごい面白い(笑)
トークもいけるところがイカすなぁ。たっぷり笑った~。
手持ちの音源"たねⅠ"からも何曲か聴けましたが、
まったく知らない曲もふくめ、たっぷり1時間のすばらしい演奏。
特に、イルリメさんっぽい超早口の本編最後の曲と、
アンコール最後の"紅白に出るときに歌う歌"がめっちゃ良かった。
新しいアルバムももうすぐリリースされるとのことでした。
またレコ発でeaseに来てくれるかなー。絶対また見たい。


ここ最近、かなりミニマムでミニマルな方向に行ってるなぁ~。
轟音も依然大好きだけど、なんか、新しい扉がまた開けたかんじ。

昨日買った ゑでぃまあこん/あおいあしおとを聴きながら、
こたつに入ってぬくぬくしたいと思います~。



あおいあしおと
ゑでぃまぁこん / GYUUNE CASSETTE ZASSHOKU
ZSCD-02




2006.03.13 | Comments(4) | Trackback(0) | ライブ行って音源買いました

フェスは楽しい。

SUMMER SONIC’05 / インテックス大阪

とりあえず見た順に。
BE YOUR OWN PET ⇒CAESARS ⇒BLOC PARTY. ⇒TEENAGE FANCLUB ⇒THE LA'S

友人Aさんのお誘いを受けて行って参りました。今回はAさんの同僚KさんとSさんも参戦。いや~、今回はいろんな事がありました。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

若干天気がよくないけど、まったく暑くないのでとっても助かる。早速チケットをリストバンドと交換してもらい、タイムテーブルを確認する。

まずはAさんオススメの CAESARS を見るためにインテックス5号館へちょっと早い目に移動。
すでに1バンド目の BE YOUR OWN PET が演奏中で、最前はけっこう盛り上がってる。ローファイな感じのガレージっぽい音で割と好みの音だな~、なんて思いながら歩いてる途中で次の曲、、、、。うおおおお!なんじゃこれ!?なイントロ!ふとAさんのほう見たら、Aさんと目が合った。これもう暗黙の了解。ステージ前に向かって走る(笑)ドラムがかなり好みの「頭でフレーズ考える前に体が動いてるんですぅ、的」なイキオイ系(笑)なんだけど、曲調はイントロだけが特徴的で、そのあとはどの曲も同じ感じに聴こえてしまう。ちょっと残念。しかしボーカルのおねーさんのヴィジュアルには参った(笑)あれは絶対確信犯だ。


次に備えて、最前列ブロックに移動。iPod の CM で1曲だけ知ってる CAESARS 。や、なめてました。始まったとたんにモッシュ発生でぐちゃぐちゃになる。最初はモッシュを楽しんでたけど、もう若くないんだし(笑)もともとモッシュは苦手だし、曲が聴きたいので、ちょっとずつ後ろに移動する。モッズとガレージ系をミックスしたような感じ。メロディがしっかりしてて、どの曲も聴きやすく、踊れる。鍵盤の音がアクセントになってて耳に残る。で、その最たる曲が例の iPod の曲。脳内リフレインを繰り返しながら終了~。

で、次に僕が見たい Puffy amiyumi と、Aさんチームが見たい 木村カエラ まで時間があるので、まったりしたり昼食食べたりしながら時間をつぶす。

で、余裕を持って zepp に行ったつもりだったのに、既に入場規制がかかってる状態。スタッフが「ただいま2000人待ちです~」なんて言ってるよ。諦めムードが漂う中、朝会場で奇跡①(何が起きたかはナイショ)を起こしたS氏の意見に従い列に並ぶ。じりじり前に進むものの、一向に会場に近づかない。あっという間に Puffy amiyumi 開演時間、、、。こうなったらちょっとだけでも Puffy amiyumi 見てやる! そんで 木村カエラ 見るんじゃい!アスパラガスの忍さんがギターらしいし。なんて思いながら会場入り口に近づいたところで、ビール売ってるテントの前に見覚えのある人影が2つ。なななななーんと JESUS FEVER / MSAYA
etc のオカザワさんとチャイナさんではないですか!こんな広い会場お会いできるなんて、と言うか、まさかサマソニに来ておられるなんて!こりゃ本日の奇跡②ですよ!! あまりの嬉しさと近況が聞きたくなってしまって、列を外れてお二人に近寄る。まるで磁石に吸い寄せられる砂鉄のように(笑)そして、恐れ多くもお二人とお話させていただく。Aさんチームが会場入り間近となり、どうするかアイコンタクトされるが、もうどうにも止まらないので、ここから別行動とさせて頂くことにする。お二人も Puffy amiyumi を見に来られたそうだが、あまりの行列にヤメにしたんだとか。オカザワさんはこの後 パブリック・エナミー を見る予定にされてるそうで、僕は以前 友人Mさんに勧めてもらっていた BLOC PARTY. を見ることにし、インテックスまでお供させていただく。道すがら色々お聞きしたけどここでは割愛。インテックスに到着するが、お二人はフードコートで昼食を摂られるとの事で、5号館前でお別れする。ああ、夢のようでした。

そして BLOC PARTY. 。 今年の冬にMさんが聴かせてくれてたものの、スペシャでPVをチェックする程度で音源を買うまでには至ってなかった。メンバーが登場して、「ああ~、こんなルックスだったなー」なんてぼよよ~んとしてると、武士が竹林でスパスパと竹を切り続けているかのような(なんだそりゃ)鋭角で切れ味するどいドラムがイントロを奏でる。もうだめ、ノックアウト。そこにドラムと同期するかのようなベース、さらにシングルコイル系の乾いたギターが轟く。78年~82年くらいのポストパンクやニューウェーブのバンドが、今の環境で音を鳴らしたらこんな感じだろうか。これで踊るなと言うのがムリな話。すでに前のほうは埋まり尽くしていたため、若干後ろで見る。激しいばかりではなく、メランコリックな曲も2曲ほど演奏していたが、これがいいアクセントになっている。そのうちの1曲は以前スペシャでチェックしてた曲。まったく捨て曲ナシ。この時点で本日最強アーティスト決定。オカザワさん+チャイナさんとお会いしてなかったら、間違いなく 木村カエラ 見ていたわけで、 BLOC PARTY. は素通りしていたわけで、間違いなく本日の奇跡③に決定。

続いて TEENAGE FANCLUB 。POPSICLE.などを好んで聴いていた時期によく聴いていた。なんのヒネリもない直球ギターポップなんだけど、自分にとってはルーツミュージック。じんわり心の綿花に染みていく。 TEENAGE FANCLUB に関しては、テンポが速い曲より、ゆったりした大きなノリの曲の方が好き。その中でも特に好きな 「I DON'T WANT CONTROL OF YOU」が聴けたのは最高に嬉しかった。途中でちょっとだけ パブリック・エナミー に浮気してみたが、浮気はやっぱりよくない(笑)たいそう苦手な音でしたので、すぐに TEENAGE FANCLUB の元に帰りました。

最後。 THE LA’S 。かなり昔に友人OさんからCDを貰っていたが、なんだかよく分からない音楽だったので(当時)ほとんど聴かずにほったらかし状態。これまたほとんど予備知識なし。SEで好きな感じのテクノが流れていたので、もしかしたら大当たり?なんて期待しながら踊ってると、メンバー登場。なんだか トム・ウェイツ を軽くしたような曲からスタート。ジャケ写やSEから想像してた音とはまっっったく違う、泥くさ~い感じ。でも曲自体はいい感じ。途中2曲ほどやけにPOPな曲があったけど、泥くさ~い曲のほうがメインな様子。ドラムセットは普通に組んであるけど、ドラマーはスタンディングで叩いてる。叩きにくくないのか!?なんて思ってるうちに終了。年を取ったせいか、けっこう昔聴けなかった曲が聴けるようになってるなぁ、なんて思った。箱の奥に眠ってるであろうCDを救ってあげよう。そして聴いてみよう。

とりあえずAさんチームと合流するまで時間があるので、カフェオレでも飲みながら休憩しよー、と思って歩いているところに、物販があと10分で閉まるとコールがあったので、冷やかしのつもりで入ってみる。そしてまた運命のいたずら。HMVのブースなんかがあったりしたもんだから、迷わず BLOC PARTY. のCD探し。見つけたものの、友人M氏が持ってるやつとパッケージが違う。よーく見てみると【期間限定生産盤・CD+DVD】などど表記されているではないですか!もうこれは買うしかない!と決意して、残金乏しい財布から¥3,000ひねり出す。おまけでHMVタオル付。これも残り時間コールがなければ素通りのはずなので、本日の奇跡④。
で、満足しながらベンチでカフェオレ飲んでたら、偶然にもオカザワさんが前を横切る。 THE LA’S を見た後、物販でCD見てたそうな。ここでは軽くトークして終了。というわけで本日の奇跡⑤。
他には 「見れないと思ってたカエラちゃんが見れたよ」奇跡⑥と、「カエラちゃんを前から3~4列目で見れちゃったよ」奇跡⑦もあったようです。

結局、オープンエア・スタジアムには一歩も入らず。もっぱらクーラーの効いた室内にばっかりいたんだけど(笑)
帰りに寄った焼き鳥屋のうまかったこと!ビールもうまかった!
Sさんの都合で、銭湯でサッパリして帰ろう案が無くなってしまったけど、全てがいいほうに転がっていった素晴らしい1日でした。

ライブに誘ってくれた Aさん いつもありがとー。
初対面ながら、楽しく接してくれた Kさん Sさん ありがとー。
BLOC PARTY.の名前をインプリンティングしてくれた Mさん ありがとー。
オカザワさん+チャイナさん ご一緒させていただきまして、ありがとうございました。
そして BLOC PARTY. に導いてくださってありがとうございました。

多謝!多謝!

サイレント・アラーム(リミテッド・エディション)
BLOC PARTY. / V2・コロムビアミュージックエンタテインメント




2005.08.13 | Comments(0) | Trackback(0) | ライブ行って音源買いました

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。