スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

これが全てのはじまり。

COALTAR OF THE DEEPERS / THE VISITORS FROM DEEPSPACE



近々DEEPERSのコピーをする、なんてことになったので、予習がてら聴いてみる。とはいっても買ってからすでに10年あまり。常にヘビーローテーションの中に入っているわけで、予習なんてしなくてもすぐに脳内再生できてしまうんです。しかし、脳細胞は日に日に死滅していくわけです。体中の細胞に覚えこます勢いで聴いておけ!と本能が命令してくるんです。常に聴いているわけだから飽きそうなもんだが、これが全然全く飽きない。それどころかいまだに鮮度ばつぐん、活きが良いのだ。ここまで名曲ばかりなのだから、当然と言えば当然か。とりあえず”夏”真っ只中なので、特に「SUMMER DAYS」を集中プレイ。ああ~、ライブで演ってくださいよ~。おねがいだから~
THE VISITORS FROM DEEPSPACE
COALTAR OF THE DEEPERS/ ビクターエンタテインメント






スポンサーサイト

2005.07.31 | Comments(2) | Trackback(0) | オンガク聴きました

大当たり!かも?

SCHOOL GIRL’69 / ever sweet in bitter life



前々から気にはなっていたけど、いまいち手が出なかったところにSSTVで流れていたビデオクリップを見て気に入ってしまい購入。

12曲目の「Death Surf Panic」の(ポリシックス+CASCADEみたいな)印象があまりにも強く、他の曲との落差に少々ずっこける。しかし基本的に好きな音。ちょっとドリーミーで踊れる曲調にいい感じに歪んだギターが絡む。そんで男女ツインボーカルとちょっとだけ打ち込み。シューゲイザーっぽかったり、エレポップだったり、時にはテクノ寄りになってみたりと割と音の幅は広い。スーパーカーにも似た音作りにも聴こえるけど、程よくおバカな感じに聴こえるのはボーカルの声質のせいかなぁ。とにかく聴き込んでみよっと。

V.A / Smalltown Supersound

JAGA JAZZISTが参加していたので、とりあえず買ってみる。レーベルコンピなのかな?

すごーく簡素なパッケージなので余計な情報が無いぶん音に集中できる。ここ何年か音の好みが変わってきているのだけど、かなり自分にジャストフィットなコンピ。この手の音はまだまだ勉強不足でうまく説明できないなぁ。とりあえずJAGA JAZZISTの曲は涙腺刺激しまくりで、今年の自分内チャートのかなり上位にランクインするのは確実。JAGA JAZZISTの曲は、曲の展開、コード進行、コード感、メロ、どれをとっても自分のツボを突きまくる。管楽器の絡み具合もたまらない。北欧の美しいけどどこか物悲しい景色を眺めているような感覚。他の曲ではtr2 KIM HIORTHØYのコード感とリズムが気持ちいい。OKIHIDEさんの出す音の感じとなんとなく似てる。tr7 LARS HORNTVETHは、JAGA JAZZISTのバックトラックを打ち込みにして、弦と管を生でかぶせた感じでこれまた好み。このコンピのおかげで、またちょっと幅が広がりそうな予感。しかしtr8 MATS GUSTAFSSON にSONIC YOUTHが参加してるけど、まんまSONIC YOUTHでした(笑

2005.07.29 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

06 ≪│2005/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。