スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

凪の海のような、、、

V.A / TARPOP2

実は、少し前まで"エレクトロニカ"の良さがさっぱりわかりませんでした。
コード感は好きなんだけど、あまりにも地味すぎたり、展開がなさすぎたり、とか。
それが、いつの間にやらかなり好きになってて、BGMとして聴く機会も多いです。

きっかけといえば、思い当たるのはひとつだけ。
足繁く通った Jesus Fever主催のイベント "slower traffic"です。
このイベントに、よくラップトップ系エレクトロニカのアーティストさんが出演してまして、
そこで、ラップトップを操作したり、ポータブル・レコードプレイヤの音を被せてみたり、
いろんなクリック音を出してみたり、、と、いろんなタイプのニカ系のライブを見たわけです。
で、その時は、正直良く分からないなぁ、、って印象だったのに、
会場で買った音源を聴いていると、けっこう気持ちよく感じるようになってました。
そのうちに、Jesus Fever のオカザワさんが cloudhead名義で
"TARPOP1"に参加されると言うことで、買って聴いてみたらば、
もちろんお目当てのオカザワさんの曲はメカラウロコだったのですが、
それ以外の参加アーティストさんの曲もとてもよく、
今でもかなりの頻度で聴いている大事なコンピとなっています。

で、今日聴いているのは その第二段なのです。
実はこの音源には、Jesus Fever の未音源化作品(けど、ライブではかなり演ってる)
「unseen」と言う曲のリミックスが収録されていまして、
これが人力エレクトロニカって感じの仕上がりで、たいそう気持ちが良いのです。
この曲は、良く晴れた日にベランダで聴きながらウトウトしたいなぁ。って感じの曲。
もちろんそれ以外にもいい曲満載で、tohoho、lullatone、HAWAII1200、、
ま、全部が全部エレクトロニカではないのですが、入門編としても機能すると思います。

それにしても、Jesus Fever の2nd アルバムはどうなっちゃうのかな。
未音源化の曲ってどれも大好きなので、早く音源で聴いてみたいなぁ。

TARPOP に興味がある方はこちらからどうぞ。


TARPOP2
V.A / tar100mg recorods
TAR002



スポンサーサイト

2006.06.30 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

6年熟成。

THE NOTWIST / NOOK

確か、どこかで"DEEPERSみたいだ"と評価されていたので、
とりあえず手に入りやすい作品(ってか、店頭に並んでたのん)
を買ってみたのですが、聴いてみたらすごいへヴィで、
あら、ちょっとDEEPERSとは違うかな??と思ってほったらかしにしてました。
で、今日久しぶりにCDプレイヤに突っ込んでみたのですが、
DEEPERSっぽさを求めたら、確かに違和感を感じてしまうかも知れませんが、
先入観なしに聴いてみたら、結構カッコよかったりします。
tr.1) Belle De L'ombre / Walk On はJAGA JAZZIST みたい。
なんかメランコリックでいいな~、、なんて思ったのもつかの間、
まるで KORN みたいなゴリゴリハードコアに突入してびっくりしました(笑)
そうかと思えば、tr.2) Unsaid, Undone は、まるでビジュアル系のよう(笑)(笑)
とか言ってたら、tr.3) Welcome Back は、一転またもやハードコア。
うーん、THE NOTWIST 気に入ってしまったかも。
他の作品にも手を出してみようかな。
何より一番驚いたのが、リリースが1992年だってこと。
この時代に、既にこんな音出していたバンドがいたんですねぇ。

ところどころテンション系コードが気持ちいいのですが、
はっきり言って、一昔前のビジュアル系のソレに近いです。
なので、以外と聴きやすかったりします。
でもやっぱり、DEEPERSっぽくはない。けれど、やっぱいい感じ。

Nook
The Notwist / BIG STORE
ISBN : B000026AVE



2006.06.28 | Comments(2) | Trackback(0) | オンガク聴きました

夜勤明けに沁みる音。

ゑでぃまぁこん / 輝く墓標

アパートに帰ったら、ちょうど宅急便が届いてました。
ふっふっふ。ゑでぃまぁこん の欲しかったCD。ふっふっふ。
ちょっと嬉しくて仕方ありませんよ。
さっそく iPod に入れてみました。
今日は実家に帰らないといけないので、帰る道中でたっぷり聴きます。
取り込みながら聴いた感じだと、さすがホームメイドって感じの録音。
ですが、それがいい味になっている予感がします。
ゑでぃまぁこんと二階堂和美さんのライブを見て以来、
一気にアコースティック熱が高まっていますが、
ちょっとした轟音バンドの音なんかより、ずっと音圧がある感じがします。
や、もちろん轟音バンドも好きなんですけどね、
でも、轟音具合の好みが変わってきているのも確かです。

Shining on Graveposts
Eddie Marcon / Preservation
ISBN : B000BFHW0U






2006.06.27 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

通勤時に聴く音楽いろいろ

V.A / highlands&favorites《改》

ただいま夜勤真っ只中です。
こっそり職場のPCからアップしていますw

ってわけで、今日は実家から出勤したのですが、
たまたま自分の部屋から発掘されたCD-Rを再生してみたら、
SSEとその周辺アーティストをまとめたものだったので、
通勤の道のりのお供に選んでみました。
基本的には以前紹介した SSEのコンピ"highlands&favorites"ですが、
そこに、ROVO やら 怖 やら 大陸男対山脈女 を織り交ぜている、
かなりノリノリ(笑) な1枚に仕上がってました。
特に、1曲目(highlands&favoritesの1曲目のインスト)から
2曲目(大陸男対山脈女)、3曲目(ROVOの1枚目)までのつながりがカッコいい!
で、HOUSESIDE⇒U.⇒ヤマジ⇒西川恭⇒POCOPEN⇒YBO2、、、
と轟音で包んだり、シリアスになったり、切なくなったりしながら進んでいくのですが、
ラスト3曲の凶悪さに、自分で作ったのに震えあがりましたねw
GAJI(FROM KOENJI TO ETERNITYの曲)⇒怖(ウニ人格の曲)⇒
FUNHOUSE (ANGEL) でも、この並びったら妙に気持ちいいんです。
ってか、これを通勤時に聴いて、仕事がんばろうなんて思えないですよね~。

さてさて、仕事に戻りますか、、、。



2006.06.26 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

いい天気、洗濯、掃除、散発。

PEALOUT / APRIL PASSENGER

リフレッシュ、リフレッシュ。
ってか、いい天気=洗濯ってぇのはいかがなもんか(笑)
でもまぁ髪切ってさっぱりしたし、気になってたとこを重点的に掃除できたし。

で、ついでにCD棚の入れ替え(下克上)を行ってみまして、
長いこと聴いていなかったピールアウトをメイン棚に異動です。
んー。昔はDEEPERSとかdipとかに近い音のイメージだったけど、
今こうやって聴いてみると、そんなに似てないですね。
ギターのフレーズ、ギターとドラムの音色、録音のバランス、、。
なんちゅうか、音の分離が良くて、歯切れがいい感じ。
それと、曲がドラマティック。
轟音は轟音なんだけど、いわゆるシューっぽさがないからかなぁ。
ラウドなフォークというか(笑)そんな感じがする。
あ、でも聴きつづけてたらちょっとdipっぽさを感じるなぁ。
メロディラインか???

後期は近藤さんがピアノメインになってましたけど、
聴いたことがないので、ちょっと興味あるなぁ。

APRIL PASSENGER
PEALOUT / VAP
ISBN : B00005H0DW




2006.06.24 | Comments(2) | Trackback(0) | オンガク聴きました

自分が生まれた年のリリース

NOVO / complete

4年くらい前に東京遠征した時に、1回ディスクユニオンに行きたいっつったら、
東京の友人が下北沢のユニオンに連れて行ってくれました。
当然何か掘り出しモノがないかウロウロしたわけですが、
エンドにNOVOのリイシュー7インチが展開されていて、
試聴できるようになっていました。
POPを見たら、オリジナルリリースが自分が生まれた年だったこともあり、
何気なくヘッドフォンを耳に当てましたらば、、、!!!
まるでセルジオ・メンデスと、日本のニューミュージックが合体したような曲が!
セルジオ・メンデス といえば、当時DEEPERSがオープニングSEで使ってたのが
彼らの"愛を求めて"ですが、それに似た高揚感を持った曲もあり、
こりゃあ買っておこうかな、と思ったのですが、
そのあとシェルターでライブを見る予定にしていたので、諦めました。
で、それから2年くらい経ってから、姫路のタワレコをフラフラしながら、
ROVOの棚を見てたら、、、NOVO???
こりは、ROVOの変名ユニットかなにかか??
と、ゆるい僕の頭がゆっくり脳内サーチを始めましたが、かなり時間が経った頃、
は!ディスクユニオンで見つけた、セルジオさんみたいなアレだ!と気付いた次第です。
ええ、そのままそれもってレジに直行しましたさ。
こればっかりは運命を感じましたね。買え。買っとけ!と神の声が。

complete
NOVO / KING RECORDS
ISBN : B00009V9IZ




2006.06.23 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

僕の中ではこれは飛び道具。

山下久美子 / ULTRA POP 1

僕はBOΦWYが大ッ嫌いです。今でも全く聴けません。かなりアンチです。
特に高校の時など、まわりのほとんどがBOΦWY信者で、かなり参りました。
そんなですから、メンバーのほかのユニットや仕事もことごとく拒否してきました。
そんな中で例外的に聴けたのが、山下久美子です。
tr.3) MELODY from Liverpool のメロディが大好きで、もう。

ってか、正直誰が曲作ってるか知らなかっただけなんです(笑)
実は音源を買っていたわけではなく、FMをエアチェックして聴いてましたから。
なので、この曲を布袋氏が作曲しているのを知った時はショックでしたよー。
こんな素敵なメロディが書けるヒトだったんだなー。と。
さらにその後、tr.5) Tonight ~星の降る夜に が決定打でした。
打ち込みトラックなのですが、その頃一大勢力だったビーイングの皆様のオケみたいな
お手軽電子レンジでチーン♪みたいな感じは一切ナシ。
それでいて、メロディの切なさはマックスなもんで、思わずほろりです。

ってか、今日ヘッドフォンして聴いてみたら、そこかしこに布袋コーラス満載やんか(笑)
これで布袋氏が関わってることに気が付かない、ワシの耳は腐ってます、、、。

ULTRA POP 1
山下久美子 / 東芝EMI
ISBN : B00005GLHH




2006.06.22 | Comments(8) | Trackback(0) | オンガク聴きました

MP3ってありがたいなぁ。

CONVEX LEVEL / on the air (MP3)

CONVEX LEVEL のアンオフィシャル(けどメンバーが管理してる)
HPがリニューアルされていて、DOWNLOADというページが出来てました。
そこを覗いたら、MP3が1曲と、PVが2曲見られるようになってました。
リニューアルには大分前に気付いていて、とりあえず曲も落としていたのですが、
前々からあんまりMP3をダウンロードして聴くのが好きではなくて、
そのままほったらかしにしてました。
理由は、たいていビットレートが128kbpsで、音がしゃわしゃわで気持ち悪いから。

でも、大好きなCONVEX LEVELの曲だし、と思って聴いてみたら、、。
やっぱりいいです。大好きです。CONVEX LEVEL にメロメロ~。
ピーター・ガブリエルのカバーで、僕は原曲は知らないのですが、
もう、曲が CONVEX LEVELの曲そのものなんですよ。
毎度毎度同じ事を言っておりますが、完全にCONVEX LEVEL の曲です。
いつだったか、"カバーブーム"がおきましたが、
オリジナルのパワーを全く超えていないようなカバーは聴くに堪えませんでしたがね。

それにしても、作り手がこうやってダイレクトにファンに音源を届けてくれるありがたさ。
本当はお金払ってもいいくらいですよ。本当に。

興味がある方は、こちらへどうぞ。




2006.06.21 | Comments(2) | Trackback(0) | オンガク聴きました

大人買いシリーズ第2段

Jaga Jazzist / animal chin EP

届きました!注文でいた Jaga Jazzist のCD計4枚。
一通り全部聴いてしまったのですが、こりゃいいですわ~。
最新作"WHAT WE MUST"では、生楽器+エレクトロニカ+音響的アプローチでしたが、
それ以前の作品は、もうちょっと踊れる感じです。
ドラムンぽかったり、モンドぽかったり、音を大胆に切り貼りしていたり。
で、このEPでは、その全部が味わえるようになっています。
タイトル曲の tr.1) ANIMAL CHIN は、ドラムンの性急さと、
スウェディッシュ・ポップのキャッチーさが同居していて、とってもポップです。
で、これがヘッドフォンで聴いてみると、それまで聴こえてなかった色々な音が楽しめます。
個人的には、バスドラムの音作りに耳が吸い付きました。
18インチくらいの小口径バスドラムで、ヘッドのテンション上げ気味にして、
ミュートをほとんどしていないような音。どぅ~ん って感じ。
うふふ~。この音、大好きだぁ。。
今夜はこれを聴きながら、気持ちよく眠りにつきます。

あ、風邪ですが、かなり快方に向かっています。
まだセキは残っているものの、へヴィーなセキではなくなりました。
まだちょっと、時々ふら~っとするかな程度です。
夜更かしせずに、早い目に休みます。

Animal Chin
Jaga Jazzist / Gold Standard Labora
ISBN : B000075A19




2006.06.20 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

まだまだ不調。

Ett / Ett

ハナミズがハナヅマリになりました。呼吸がしづらいです。んぷー。
あと、相変わらずくしゃみ連発です。
花粉症の症状はくしゃみ連発なのですが、このくしゃみは花粉症のよりへヴィです。
喉はもうほとんど違和感ないのですが、いかんせんやる気が出ないです。
体と頭がぼーっとして、だるくて、なんにもする気がしない病です。

で、耳のほうも、もうちょっと轟音と重低音を受け付けないみたい。
なので、耳に優しいフォーキーな Ett 聴いてます。
keiさんのギターの優しさと、西本さんのボーカルの暖かさで
明日になったらカゼ症状が無くなってたら嬉しいんだけど。

とかいいながら、またもやくしゃみ連発してます。ずずず。

Ett
Ett / coup
CCD-005





2006.06.18 | Comments(11) | Trackback(0) | オンガク聴きました

続・体調不良。

b4 / the first colour of the day

昨日よりは多少体調も改善傾向ですが、相変わらずのくしゃみとハナミズです。
咽頭痛はかなりマシになったので、不快感はそれほどでもありません。
でも、まだへヴィな音を聴こうという気にはなれないなぁ。

と言うことで、本日のチョイスはビーヨンです。
アンビエントとも取れる音の波長が延々流れるだけですが、
これ、けっこうα波出るんです。安眠できるんです。
コトバで表すと、"ゆあ~ん、ゆよ~ん、ゆやゆよ~ん"って感じです。
同じリズムが麻薬的に繰り返される上で、
潮騒とか、森のざわめきのように鳴るギターがたまらん。

これ聴きながら寝ます。おやすみなさい。

The first colour of the day
b4 / インディペンデントレーベル
ISBN : B0002LHWJE



2006.06.17 | Comments(6) | Trackback(0) | オンガク聴きました

何にも考えずに聴く。

山本精一 / なぞなぞ

んー。なんだか熱っぽくて、喉がイガイガして、くしゃみ、鼻水、、。
カゼをひいてしまいましたかね。こりゃ。
2年に1回のペースで大熱出して寝込んでいるのですが、
今年はまさにその年なので、ちょっと警戒しています。

でも、まだ音楽が聴けるということは、大丈夫ということ。
なんですが、耳に優しい音が欲しくて、これ聴いています。
歌詞の内容的には、全然耳に優しくないんだけども。

あー、しんどい。

なぞなぞ
山本精一 / インディペンデントレーベル



2006.06.16 | Comments(4) | Trackback(0) | オンガク聴きました

インストの夕べ。

V.A / ZEN tv DVD NINJATUNE Recordings

久しぶりにアパートに帰ってまいりました。
極度の緊張からも開放されてリラックスしています。
いやー、ほんと。こんなに緊張したのは何年振りでしょうね。
こんなに更新しなかったのも、2回目位かな。
ま、そんなことはどうでもいいや、もう。

ってわけで、今夜は思いっきり弛緩の夕べです。
JAGA JAZZIST 大人買い計画第一弾のDVDが届きましたよー。
これは、coldcut 主催のレーベル NinjaTune のコンピDVDで、
JAGA JAZZIST のPVが2曲収録されていたので、迷わず購入。
その2曲のPVの出来が、大変素晴らしくって、もう。
映像的には、メンバーの顔を切り貼りしたような、
色つき影絵(なんじゃそりゃ)みたいなもんなんですが、
幌車男さんも思わず絶賛(だったのか?)の普通の発想では浮かんでこない系。
"animal chin"なんて、動物(有蹄動物系)のカラダにメンバーの顔ですよ(笑)
これがまた、メンバーの表情がなんとも言えないいい顔してます。
音のほうも素晴らしいですよ。ドラムンベース+北欧系POPSって感じで、
その見事な混ざりっぷりに拍手喝采ですね。
もう1曲の"DAY"が、これまた素晴らしい。
PV的には切り貼りされたメンバーの動きが愛らしいのですが、
曲がもう、切ない旋律なもんで、あたしゃ滝涙ですよ。
曲中盤で突然旋律が切り替わるのですが、その瞬間なんてもうたまりません。
まだCDは届いてないのですが、でっかい音で車で聴きたいなー。

ちなみに、JAGA JAZZIST 以外のアーティストの曲、PVもいい感じです。
Mr.Scruff "sweetsmoke"は、音もPVもポップで親しみやすい。
Hexstatic "Auto" コラージュ+ハウス+モンドでカッコいい。
The Herbaliser "The Missing Suitcase" ヤ〇ザ+小西康晴で009で日本ロケ(笑)
Funki Porcini "Atomic Kitchen" 焼けた鉄板を転がりまわる水滴が心をくすぐる。
、、、、。
これ以外のPVの出来も素晴らしくて、BGVとしても機能しますね。
スペースシャワーを流しっぱなしにしてたら、何?今日!いい曲ばっかかかるやん!
という感じです。これで35曲入り¥2,300 エクストラトラックあり。
なんていうコストパフォーマンスの良さでしょ。超ラッキー。

じっくり見たり、BGVとして掃除のお供など、色々楽しみたいと思います。

Zen TV
V.A / NinjaTune
ISBN : B00018U9U2





2006.06.14 | Comments(0) | Trackback(0) | DVD見ました

お知らせ

仕事関係が忙しくって、ここ1週間ほど更新が滞ると思います。
今日は音楽を全く聴いてないです。こんなことも滅多に無いですが。

そのうちでも更新できればしますので、皆さんヨロシクです。
見捨てないでねー。。。

2006.06.09 | Comments(4) | Trackback(0) | 未分類

ピアノでハードコアでパンク。

特撮 / 爆誕

"ライブハウス"でライブを見たのは、実は特撮がはじめてだったりします。
それに加えて、大好きな COALTAR OF THE DEEPERS よりも先に
この "特撮" のライブを先に見ていたりもします。
場所は バナナホール(無くなってしまいましたね)。
2000年3月21日だったと記憶しています。
はじめての生NARASAKI、はじめての生大槻ケンヂ。
それよりもなによりも、PAから出てくる大音量にいたく感動しましたねぇ。

筋肉少女帯は、高校の頃に一度流行りましたが(局所的に)
個人的にはOBYS君にインプリンティングされたに等しいです。
特に"月光蟲"が好きで好きでたまりませんでしたよ。
その筋少メンバー+奈良崎さん+有松さん の特撮。超豪華メンバー。
ってなわけで、以降cotdのライブと並行して特撮のライブにも通いました。
ま、最近は曲調もそんなに好きではなく、チケットもバカ高いので行ってませんが。
ちなみにこの爆誕~3枚目までの作品が大好きなんです。

そういえば、最近発売された特撮のベスト盤おまけのDVDに
はじめてライブハウスに行った記念ライブの映像が特典でつけられている様子。
なので、買ってみようと思っていますが、JAGA JAZZIST大人買いしちゃったしな、、、。

爆誕
特撮 / 徳間ジャパンコミュニケーションズ
ISBN : B00005GFLU



2006.06.08 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

ドラムの音に対するこだわり。

CITROBAL / My Caution Line

Cymbals と同ライン上にある音を奏でている CITROBAL 、
今日久しぶりに引っ張り出して聴いています。
曲調は、まんま Cymbals のテンポ速い曲なんですが、
ボーカルの声質が大人っぽいので、ちょっとだけコケティッシュ。
あ、Cymbalsにはないメランコリックさも特徴的ですね。

僕がこのCDで一番気になっているのはドラムの音だったりします。
特に1曲目のタムの音。
それまでのヘッドの好みから言うと、間違いなくピンストライプが好きでした。
なんと言ってもチューニングがしやすいし、音が作りやすい。
変な倍音が出にくいので、コントロールがしやすいし。
で、このCDの1曲目でばっちり聴かれるタムの音から推測するに、
たぶんコーテッドあたりを使っていると思われるのですが、
こいつが倍音が凄くて、いい音を作ろうと思ったらけっこう面倒なんです。
ところが、いつの頃からかいろんなところでコーテッドが使われ始めたんですね。
(たぶん95年くらいから、いろんなドラマーが使い始めたような気がする)
ってことは、それまで以上にコーテッドの音を耳にできるようになってきたわけで、
僕もすっかり洗脳されてしまって、コーテッド大好きになってしまいました。
実のところ、まだコーテッドを張ってあるタムに遭遇していないので、
自分で試したことはないのですが、、、。

MY CAUTION LINE
CITROBAL / LD&K
ISBN : B00005JZYL




2006.06.07 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

まぁるく尖っているような。

Phew / View

Phewさんといえば、MOSTへの参加で若い世代にもよく知られていますが、
アント・サリーでシーンに登場されてから、マイペースなようでいて、
実はけっこう精力的に活動を展開されていたんですねー。

当時 TRANS中毒だった僕は、ILL BONE のCDを手に入れまして、
箕輪さんのドラミングにいたく感銘を受け、フールズメイトで箕輪さんの参加作品を調べ、
そのリストに挙がっていたのが、Phewさんのこのアルバムなんです。
最初はPhewさんの不安定なボーカルが苦手だったのですが、
箕輪さんのドラムにつられて聴いているうちに大好きになってしまいました。
Phewさん独特の節回しが特徴的ですが、歌詞カードを目で追うだけでも楽しめます。
ひらがなと漢字の配分とか、残酷さと清らかさの同居とか。
実は、アント・サリーのCDがせっかく再発で手に入るようになったというのに、
これまた後回ししまくっていて、未だに未聴だったりします。
MOSTのCDも欲しいんですけど、これまたライブビート音源だけしか持ってません。
あ、そういえば教授参加作品も再発になったんでしたっけ。

欲しい。


VIEW
PHEW / ブルース・インターアクションズ
ISBN : B000063KUV




2006.06.06 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

どんだけ憂鬱なんじゃ。

THE CARDIGANS / emmerdale

CLOUDBERRY JAM と並んで、未だによく聴いているスウェディッシュ系といえば、
THE CARDIGANS のそれもファーストです。
青空の下、飼い主と思われる人物の後ろを追いかけているコッカスパニエル(?)
そのおされなジャケットとは裏腹に、歌われている内容といえば、
「家がない」 だの 「すべて失ってしまった」 だの、極めつけは「彼女が死んだ」だの、
この世の不幸百物語を歌っているのか?!と見まがうくらいのメランコリー。
メランコリーなんて、表現が軽すぎますね。もうデプレッション。
曲調もそれなりに切ないんですけど、それでもサラっとしてるよなぁ。
しかもそんな曲が大ヒットしてしまうんだから、ねぇ。
でもー、このアルバムがカーディガンズのアルバムで一番好きなんです。
ちなみにリリースは1994年。個人的に豊作の年です。

emmerdale
The Cardigans / POLYDOR
ISBN : B00005R0TS


昨日の晩、久々にバンド部の活動をしました。
幌車男さんと、ギター片手にあーでもない、こーでもない、
やれ変拍子だ、とりあえず 6/8拍子にしよう、轟音ギターいれましょか、
等と試行錯誤した結果が、32小節分くらい出来上がりました。
耕運機並みのスピードで進んでいるわたしらの活動ですが、
それでもまぁ、ちょっとずつ前に進みながら楽しんでます。
あ、JAGA JAZZIST のオフィシャルで見た CLIPが大変気に入ってしまいました。
"ANIMAL CHIN" 曲も良さもさることながら、CLIPカッコよすぎ。
CDとDVDを買ってみようかなぁ、と思っているところです(ってか、絶対買う)



2006.06.05 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

寝かせて寝かせて醗酵してから。

FRIPPER’S GUITAR / ヘッド博士の世界塔

このCD、実は買ったのではなくて、高校時代に同じクラスの奴(友人ではない)が
「このCD買ったんだけど、なんかよう分からんし、お前音楽好きそうだしやるわ。」
と、突然くれたものです。

フリッパーズ・ギターの存在は既に知っていましたが、当時の僕はというと、
耽美系のお化粧バンドに夢中(ってか、クラスの半分はそう)だったので、
とりあえずタダだし貰ってみたものの、ちょろっと聴いて、あとはほったらかしでした。
だって、ところどころ打ち込みが使われているし、なんかおされな音だし、
全然切なくないし、曲のテンポ速くないし、見た目地味だし(笑)
ただ、tr.2) groove tube だけがやけに耳に残っていたので、
とりあえず手元に持っておこう、と思って今に至るのでした。

って言うか、これ、ホントごく最近までかなりほったらかしだったんです。
個人的にフリッパーズ・ギターは"海へ行くつもりじゃなかった"の、
あのネオアコ感と申しますか、キラキラ感が好きだったので、
打ち込みが多用されているこの音源は、そんなに聴いてこなかったんです。
ところが、iPodに取り込む目的で聴いてみたらば、これがジャストミート。
あ、これって、マンチェスターやシューゲイザーの影響モロやんけ、と気が付いたんです。
ま、2006年までほったらかしにしておく僕もどうかとは思うけど、
今の耳だからこそ、こんなにも楽しめる音源だとも言えるでしょう。

あっと言う間に30代も間もなくミドル・ゾーンに突入ですが、
こうやっていろんなものを楽しめる耳になってきたことを思えば、
単純に年を重ねていくのも悪くないなぁ、なんて思えたり。
最近いただいたビートルズのCDなんか聴いてみたりしてますが、
そのあたりについてはもっと聞き込んでからにしようかな。


ヘッド博士の世界塔
Flipper's Guitar / POLYSTAR
ISBN : B00005FNXI



2006.06.04 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

打ち込み+生楽器。

BACTERIA / CELL DIVISON

日本でおマンチェなバンドが全盛だったころ、猫も杓子もマンチェだったあのころ。
インダストリアルの方向を向きながら、ちょっとだけマンチェのフレイヴァーを感じさせるバンド。
なんて言ったら、かなり語弊があるかもしれませんが、
個人的にはそう思っているのが、今聴いている "BACTERIA" です。
まぁ、マンチェスター・ムーブメントの頃の音楽って、
「なんだかよく分からないけど、とりあえずハッピーだよねー、」
みたいな印象が強いのですが、BACTERIA には、それ一切ありません。
ひたすらダークな音が広がっていますが、高揚感はすさまじいです。
負の高揚感とでも表現したらよいですか。
とにかく、打ち込み+生楽器という、今や常識と化した音楽スタイルですが、
BACTERIA はそれらのパイオニア的存在ですね。
ちなみに、いまや打ち込みロックの大家的存在の "BOOM BOOM SATELLITES"ですが
BACTERIA とも交流があったようで、この作品にも参加しています。びっくり。

現在の BACTERIA は、泣く子も黙らせる耳をつんざくようなノイズバンドになっています。
そりゃもう、あんた、すごい音圧さぁ。ビリビリ。


CELL DIVISION
BACTERIA / SSE COMUNICATIONS
ISBN : B00005IHSU



2006.06.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ネットってなんでもあるよね。

今日は手持ちのCDではなくて、youtubeにアップされている映像探検してました。
はじめてyoutubeを知ったのは、確か羅針盤@フジロックだったと思います。
その時に他のんも何かないかな~、と思って検索したのですが、
なかなか見たいと思うのがなくて、まぁ、それで終わりったわけです。

ところが、最近のyoutubeの盛り上がりぐあいったらすさまじいですね。
総帥が家にあそびに来ていた時に色々検索してみたら、あるわあるわ。
それこそアニメから、音楽まで、もうありとあらゆるものが。
そんな中、この年になって買うのはあれだけど、でも高校の時に買えなかったり、
限定で手に入らなかったりして見られなかったもんでも探してみようと思って、
懐かしのお耽美バンドの名前を検索したらば、出てくるわ出てくるわ。

特に "D'ERLANGER"がインディ時代に10,000本限定でリリースした
"an afrodisiac"の映像が見られるなんて思ってもいなかったですね。
当時このビデオの一部が、地元サンテレビの番組内でちょろっと流されて、
見たことがない映像だったもんだから、次の日はクラス内で"あれはなんだ?!"
という話で持ちきりになりましたねぇ。中古で買うにも、3万とかしてたしね。

あとは、"EX-ANS"のビデオがあるなんて、これまた微塵も思っていませんでした。
歌詞はともかく、"EX-ANS"はゴシックなバンドではピカイチだと思ってまして、
音源こそなんとか手に入れられましたけど、動くEX-ANSなんてねぇ。
今聴いてみたら、なんじゃこの歌詞は(笑)って感じですけど、
音のほうは今でも大好きだもんなぁ。成長してないなぁ(笑)


2006.06.01 | Comments(2) | Trackback(0) | オンガク聴きました

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

05 ≪│2006/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。