スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

90分あっちゅー間

ニコラス・マクファーソン 奴らは彼を守れるか+奴らは彼を殺せるか

なんだかおっかないタイトルですが、さすがは後藤ひげくるん氏! はじめから最後までまったく飽きさせないすごい芝居でした。演出の竹下さんの手腕もすばらしい(と思います。正直まだ演出がどんなもんか分からないです)。おまけに俳優さんがみんな芸達者。大好きな小須田さん、初めて生で見ましたが、すぐに彼のベクトルの向きに巻き込まれてしまいました。さらに川下大洋さんの怪演もすばらしい!わりとどれでもセリフまわしは似た感じですが、今回のはすごく役にハマってました。あと平田敦子さん。ヤヴァい(笑)もう大好き(笑)(笑) あと、みのすけさんも前の芝居とキャラが全く違って、ああ、やっぱりこの人は役者なのね、と再認識。今回特に、配役もさることながら、キャラがすごくたってました。もう文句ナシ! これはDVD買わないと!

シンブンシ↑シンブンシ↓(ネタバレ)

スポンサーサイト

2006.08.31 | Comments(2) | Trackback(0) | 観劇行きました

追悼。

toe / the book about my idle plot on a vague anxiety

いつロムってるだけで、コメントすらしたことないblogがあります。
ホジキンリンパ腫という病気との闘いが綴られているのですが、
ドラマーであり、かなり貪欲に音楽を聴きあさっている方なので、
音楽に関してのエントリも多くて、ほとんど毎日覗かせてもらっています。

ここ何日かエントリがなくて、ああ、体調を崩されたんだな、と思っていたのですが、
今日ご友人と思われる方のコメントで、亡くなられたことを知りました。

顔も名前も全く知らない方だけど、本当に悲しいです。


今日は彼が神と崇めるドラマー、柏倉さんがドラム叩いてる toe 聴きます。


大の字に寝転がって、大好きな音楽いっぱい聴いてるかな。

息苦しさとか、痛みとか、もうなくなったよね?
どうか、ゆっくり休んでください。



the book about my idle plot on a vague anxiety
toe / 3Dシステム
ISBN : B000AA7C5G





2006.08.30 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

BP. 病再発。

BP. / ゴールデンBP.

再発ってか、慢性なんですけどねw
もしかしたら、常用性のあるおくすりに近かったりして。

いやいや。

他の誰にも真似が出来ない、この危ういバランスが素敵。
前からしつこく言ってますが、以前 DEEPERS が "GIANT" をカバーしましたが、
曲のラインはほぼ忠実になぞっているものの、曲の持つパワーは再現できず。
しかも DEEPERS のほうがカチっとまとまった演奏しているのもかかわらず、
かなり危うくて、録音もダーティな BP. にはるか及ばないんですね。
特にBP. のドラムなんてメタメタなんですけど、このタイム感がけっこう肝だったり。
たぶんドラム始めてそんなに間がないような印象なのですが、
そこからたたき出されるフレーズが結構印象深かったりして、
もしBP.の完コピをするならば、このタイム感もコピーしないと、
すっきりした印象の演奏になってしまって、違和感があるかも知れないです。
あと、ギターは遠慮なく ぎゅわわぃ~ん とノイズを垂れ流していただきたい。
えと、誰かBP.のコピー一緒に楽しみませんか?とひそかに募集w

この"ゴールデンBP."は、ZKからの初リリース "GIANT EP" に比べて
録音のクオリティはかなり上がっているのですが、
個人的には"GIANT EP" のノイズにまみれた音のほうが好みです。
ですが、このアルバムにもたくさんの名曲が収められています。
中でもダントツに大好きなのが tr.5) count という曲です。
6/8拍子のイントロで、物悲しくも優しいギターのフレーズにうっとりしたあと、
雲間から光がまばゆく差しているかのような美しいメロディを伴ったパートに。
この部分は左右に振られた2本のギターの絡みがまたなんとも言えない美しさ。
その後イントロと同じ展開を見せた後、ゴリゴリの極悪フレーズが現れます。
そのスピードを保ったまま、イントロの展開に戻っていきます。
たった約4分半の間に繰り広げられるサウンドスケープ。

BP.の音源は、いまやどれも入手困難な状態になっています。
以前、全ての音源をまとめて ZKBB から再リリースの噂もありましたが、
いつのまにか立ち消えになってしまいましたねー。
かなり多くのファンが再発を待ち望んでいると思うのですが。
もちろん僕もそんなファンのうちの1人です。


あ、そういえば COME OVER TO THE DEEPEND レコ発 の時に
DEEPERSが "Cereal" をほぼ完コピ状態で演奏してくれましたが、
あれは本当に忠実だったので、違和感は全く無かったですけど。
むしろこの曲をカバーして"NO THANK YOU"に入れて欲しかったりした。



GOLDEN BP
BP / ZK records
ISBN : B00005JZON



2006.08.29 | Comments(6) | Trackback(0) | オンガク聴きました

紙ジャケ再発記念

Flipper's Guitar / three cheers for our side

それほど仲の良くなかったOBYS君と突然気が合いだしたきっかけ。
そんなもん別にどうでもいいわい!って感じですけどもお付き合いください。

前の職場で二人同時に同じ役職に就くことになり、金沢まで研修にでかけました。
そこの研修を受けているうちに、まぁ少しずつは仲良くなったのですが、
突然の衝撃は、研修から帰ってきて、とりあえずご飯でも食べに行こうかと、
OBYS君の車で王将に向かっている車中で流れていたカセットの音楽でした。
そのころ既にDEEPERSを聴くようになっていて、新たな扉を開いたばかりの僕の耳に
それまで聴いたことのないような軽やかな演奏と、
なんとも心地よいメロディと、なんとも胸キュン☆コード進行の
素敵な音楽が入り込んできたのですよ。
まさに、、、
ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
て感じでしたよ。

それがこのCDの曲たちだったんですねー。
それまではビジュアル系(否!耽美系)の音楽を中心に聴いてきた
僕の耳に風穴を開けるような曲を聴いているOBYS君のセンスに興味が湧き、
OBYS君もまわりにフリッパーズ・ギターを聴くようなヤツがいなかったこともあり、
(まぁ、とんでもない田舎ですし、いまみたいに手軽に情報が入らなかったしね)
それからかなりの頻度でOBYS君のアパートに入り浸るようになったのです。
それで開眼した僕は、さらに雑食に音楽を聴くようになったわけです。
ですので、ある意味OBYS君は僕の音楽の趣味の基礎をつくったヒトなんですね。

ああ、だから僕はOBYS君に頭が上がらないのか。
納得。

THREE CHEERS FOR OUR SIDE~海へ行くつもりじゃなかった~(紙ジャケット仕様)
フリッパーズ・ギター / ピーエスシー
ISBN : B000GALCQ0





2006.08.27 | Comments(4) | Trackback(0) | オンガク聴きました

探してみるもんですねぇ。

Atomphunk / Boogie Down EP

いま聴いているテクノ/ハウス系のCDは、ほとんど(いや、全部だな)
Jesus Feverのオカザワさんから教えていただいたアーティストのものですが、
自分でも開拓してみようかと思ってネットサーフィンしていて、
たまたま偶然見つけた deepfunkっちゅうレーベルのHPに行ってみたら、
HP開いたと同時に鳴り出したのがこのEPに収録されている"Boogie Down"でした。
ほんで、瞬間ノックアウト。すぐさまCD買おうと思って探し回ったのですが、
1曲だけコンピに収録されているものの、単独でのCDリリースは無く、
アナログしかリリースしていませんでしたし、それすら入手は困難でした。
いや、もっとよく探せば買えるのかもしれませんが、根気がなくて。
で、今日まで放置していたのですが、もしかしてiTMSにあるかも?
と思って探してみたんです。そしたらぜーんぶあったんです!!

いやー、嬉しかったですねぇ。
思わずダウンロードしちゃいましたよ。iTMS初購入。
そんなこんなですっかり夜中ですが、
明日は夜勤だからこれから実家に帰ります。
耳のお供はもちろん Atomphunk ですの。ほほほ。

Boogie Down EP
Atomphunk / deepfunk
DFR04



2006.08.26 | Comments(0) | Trackback(0) | iTMSで買いました

姫路タワーの安ワゴン。

SECRET GOLDFISH / My nine secret

毎度おなじみの515円コーナーですが、姫路タワーには欲しいもんがありませんでした。
そんな中に1枚懐かしいタイトルを発見。でも買うまでもないかなぁ。
なんて考えながらも、515円だし買っとけ~と勢いで購入。
確か SECRET GOLDFISH は DANCE 2 NOISE で知ったと思ったのですが、
今調べてみたら僕が持っていない D2N002 に参加されている模様。
あれ~?? と思いながら記憶の糸を手繰りつつネットで調べていたら、
POP69 というアルバムを持っていたことに気が付きました。
整理してみると、、、
D2N に参加しているのを フールズメイトで知る、
→興味は持ちつつも、003を買って DEEPERSにのめり込み始める。
→フールズメイトを読んでいたら、ライブ評でボーカルがド下手だとこき下ろされている。
→さらに興味を無くしていたが、CDを漁っていて"POP69"を見つける。
→レーベルを見たら【aja】 ! DEEPERSの幻の名盤"sinking slowly"と同じレーベル!
→ならば信用してレーベル買いしてみるか、と購入。
→なんだか求めていた音と違うので聴かなくなる。

はっはっは。記憶を辿ってたら、出てくるもんですねぇ。
で、今こうして聴いているわけですが、さすがに時代の音になってしまっているなぁ。
マンチェど真ん中。アレンジも録音もぜーんぶあの頃の空気感。
以前ほどの嫌悪感は無くなっていて、あくまでも当時の録音物という感じで聴けます。
サマソニとかで、あのバンドが再結成でライブしてる、といった感覚。
それを全く感じさせない DEEPERS の初期音源はすごいなぁ。
曲のよさもさることながら、当時の録音ろは思えない音圧とかMIX具合です。
ってか、本当にボーカルさんあまりお上手でないですね。
基本的にボーカルに上手さを求めないほうですが、味がないんだな。

CDの帯を見てみたら、同発で SUGAR PLANT のCDも再発になってました。
しかも2枚組のボリュームで1700円(税抜)!!
これ、欲しいなぁ。これが安ワゴンにあれば絶対買ってるな。

そういえば、ずーっと昔に中古で見つけた SECRET GOLDFISH のCD、
買って開けてみたら 同名の全然違うバンドのCDで、
そっちのほうが気に入っていた記憶があるなぁ。
たぶん実家にあると思うので、ちょっと漁ってこよう。

My Nine Secrets
SECRET GOLDFISH / WONDER RELEASE (UKP)
ISBN : B00005IIGK





2006.08.25 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

久しぶりのマイルーム。

YO LA TENGO / I'm not afraid of you and I will beat your ass


まえまえから聴いてみたくて仕方が無かったのですが、リリース数がハンパじゃなく多くて、
一体どれから聴いたらいいか分からなかったので買ってなかった YO LA TENGO
二階堂和美さんのCDの中のチラシに、YO LA TENGO の新作リリースとあったので、
姫路にお出かけしたついでに買ってまいりました。
1曲目から延々同じフレーズのリフレインで意識が遠くにいきそうな感じでびっくり。
たまたまスペースシャワーで見たPV(ロックの学校?みたいなシチュエーションのPV)が
非常にPOPで、かなり直球ストライクだったので、それ系をイメージしてました。
で2曲目以降なんですが、かなり音のふり幅が大きくて、
ローファイからラウンジから、もうこれぞオルタナティブって感じですねぇ。

ただ、最初に聴くにはちょっと敷居が高すぎたかな、と。
ライナーノーツを見たら、超ボリューム3枚組ベストがあるとか。
これをはじめに買って聴いたほうがよかったかな。

そういえば、はじめて SONIC YOUTH を聴いた時もおんなじだったなぁ。
でも、聴き込んでいたらかなり大好きになっていたので、
これって今回も同じパターンではないかと思います。
ので、これからどんどん聴き込んでいきます。

しかし、なんちゅうタイトルだ(笑)

I Am Not Afraid of You and I Will Beat Your Ass
Yo La Tengo / Matador
ISBN : B000GUK0HM



2006.08.24 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

いのち。

今日は続けて数件の悲しいお知らせが届きました。


こころの中のもやもやが晴れません。


2006.08.23 | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

姫路は近いから行き易いので好きです。

ease presents "New Picnic Syndrome vol.01" @姫路Mushroom

昨日の日記にもありますが、姫路マッシュルームはいままで行きたいライブと仕事の調整がうまくいかず、足を踏み入れたことのないライブハウスでした。"怖"やら"THE PLAYMATES"がよく出演していたり、Jesus Fever と gaji が共演したり、ライブ後の夜中にキミジマさんが体調を崩して、たまたまチャイナさんがそれを発見して介抱したという美談が残されていたり、って後半は直接マッシュルームとは関係ないですがw とにかくそれほど思い入れの強いライブハウスです。今回ようやく easeさんの企画でマッシュルームに遊びに行くことが出来ました。ああ。もう感無量。ビジネスホテルの地下に潜って入り口をくぐれば、、、、。あれ?思ったよりも普通のライブハウスでした。適度な広さと、丁度いい広さのステージがあり、円卓と椅子が数脚。BEARSのような空間を想像していたので(BEARSも大好きです)、思った以上に広く感じられました。会場に入ってまず、ここによく遊びに来てくださっているout_of_mindさんとはじめましてのごあいさつをして同席させていただいたあと、軽く物販を覗いてみたら、ゑでぃまぁこんのライブ盤CD-Rがあったので迷わず購入。ドリンクチケットを交換して(ジュース系のコップがなんとラージサイズ!!)席にもどり、out_of_mindさん、むらさんとお話をしながら開演するのを待ちました。


一番手は、いきなり本日のお目当ての ゑでぃまぁこん
本日の編成は、前回easeで見たときと同じ ゑでぃ+まぁこん+水谷+楯川 という布陣。僕はまだこの編成でしかライブを見ていないのでこんなことを言うのはなんですが、はっきり言ってこれが最高の布陣なんではないかと思います。それぞれのメンバーが出す音が絶妙に溶け合って、耳に届くと同時にα波がど~~っと出る感じ。彼らの手によって演奏される一音一音がすべて、曲自体が求め、必要としている音のような感じがします。会場自体の音も素晴らしくて、聴いていてすごく気持ちよくなってしまいました。今回新曲と思われる曲がたくさんあり、中でも印象的だったのが楯川さんが素手でドラムを叩いている曲。両手で巧みに音をコントロールしながらいろいろな音を出しておられ、改めて楯川さんのドラムが好きになってしまいました。また、木管担当の水谷さんの出される音の、なんともいえない心地よさというか、そのまぁるくあまぁい優しい音は、何の不安もなく守られながら眠る子供のような気持ちになれます。まぁこんさんのベースも同じ。芯のあるしっかりした音で、ボトムを優しくしっかり支えていてくれます。ゑでぃさんのボーカルは曲によってイメージが違っていて、なんとも言えない哀愁を感じることもあれば、まるでジブリの劇中歌みたいな感じとか(曲自体がそんな感じでしたが)、どこか童謡のようなイメージのメロディもあったり。ギターのことはよく分からないのですが、爪弾かれるコードがもうたまらなく気持ちよくって、もう本当、見ていてなんとも言えない幸せな気持ちになれました。またeaseでライブがあるみたいだし(しかもwith 山本精一 とか jenny on the planet とか!)もう楽しみで楽しみで仕方ないです。嬉しいなぁ。

続いては 村岡充+スハラケイゾウ
てっきりデュオだと思っていたのですが、ステージの上にはサポート(?)メンバーが登場。1曲目はまるで羅針盤を思わせるような穏やかな曲。スハラさんと村岡さん、2本のギターの音が会場いっぱいに響いて気持ちいいのなんの。久しぶりにギターの轟音に酔うことができましたよ。(DEEPERSも轟音だけど、轟音の種類が違う。) いまはもう叶わない夢になってしまったけど、羅針盤のライブはこんな感じの気持ちいい音だったんだろうなぁ、と思いながらみてました。カラスと言う曲は初期羅針盤の曲なんですかね?サイケなフォークの裏側に、ちょっとだけ成田弥宇さんの姿が見え隠れしていたよな気がします。ラストはテンポの速い、テンションコード炸裂な曲。ギターの音に酔いしれながら、ほわーっとなりながら終了。

そして本日のダークホース ワンナイトジェラシーズ1人バージョン

セッティングしている姿を見ると、その辺を歩いていそうな普通のお兄さんだが、目を見るとちょっと一癖ありそな不思議な目ぢからを感じてしまいw、あわーい期待を抱きながら見てましたらば、セッティングの合間に機材から聴こえてくるチープなぴぽぴぽ音。この日の対バンからいって、まずありえない音だったのですが、演奏がスタートするや否や僕はもうツボにはまってしまってもう大変なことになってしまいました(笑) カシオトーンの指一本で伴奏できる機能を駆使wして、コミカルながらもやっぱりコミカルな(笑)歌詞を、なんとも言えないイカす譜割りで歌うナイスガイ、ほりゆうじ氏のお姿は、それはもうどんな崇高な音楽家ですら太刀打ちできないほどのカッコよさでした。歌詞については、こりゃもう生で聴いて頂かないとその素晴らしさは分かっていただけないと思いますので、もしこのヘタレ記事を読んで興味を持たれた関西近郊の方は是非ライブへ行きましょう!! もうねぇ、なんといってもメロディの乗せ方が上手くて、思わず一緒に口ずさんでみたくなりました。浪花のモーツァルトもびっくりの覚えやすさとキャッチーさですよ!個人的には"ジーパンが燃えている""野菜を煮ていたら聴こえてくるシタールの響き"と歌う曲、さわやかなメロコア(本人談)であの娘とスキャンダルな曲(笑)と、アルファベットのありがたさを歌う"アルファベット"、"力士のブルース"が特に気に入ってしまいました。また、ラスト2か3くらいで演奏した曲、なんだか聴いたことがある歌詞なんですが、どうしても思い出せない。あげくのはてには、これは山本精一さんの"なぞなぞ"の曲をカバーしているに違いない!と勝手に結論づけてしまいましたが、実はなんてこたぁない、前に買ったCD"No New Nanba"に収録されている編みかけセーターズの曲"つい最近まであったコンビニがなくなっててショック"でした。つまり、僕はこの日のライブ以前にほり氏のうたに既に触れていたんですね(笑)いやー、びっくりしました。ってか、ほとんどの曲、いや実は全曲大好きだったりします(笑) カンペキにほりゆうじ氏のファンになっちゃったよ。どうしよう(笑)

最後は 本日のメインアクト ANDERSENS
予備知識まったくなしでしたが、メンバーをよーく見てみると dip のヨシノトランス氏のお姿が。サイケデリックでシタールな曲を演奏するのかと思いましたが、サックス+フルート+シンセ+ギター+ベース という構成から聴こえてくるのは、どことなく牧歌的な香りのする、それでいてファニーな感じのブレーメンな(個人的印象)曲でした。フロントのフリーフォークな雰囲気の超スリムなお兄さんは、サックスとギターを掛け持ちで演奏していましたが、サックスがあまりお上手でないところが、かえって味になっててよかったです。途中でまるで大陸男対山脈女のような曲もあり楽しめましたが、フリーフォークなお兄さんのボーカルスタイルが不完全なサッチモ唄法で、しかも終始そのスタイルだったため、一気に冷めてしまいました。曲に全然合ってないような気がします。曲は大好きな感じなので、なんだかもったいないなぁ。実は途中から眠たくなってしまって、ところどころ記憶が飛んでいたりします。アンデルセンズさんごめんなさい。

ライブ終了後再度物販を覗いてみたら、ほり氏の"ワンナイトジェラシーズ"と"編みかけセーターズ"のCD-Rがあり、ちょっと迷っていたところに物販をされていた方のプッシュもありどちらも買ってしまいましたw 他にはゑでぃまぁこんのDr 楯川さんのフリマコーナーがあり、CDとカセットの中からジャケットが好きだったという理由でcharlie taylor という方のCDを購入、さらに物販近くにいた楯川さんにお願いして、ジャケットにサインしていただきましたっ。ああ、なんてミーハーなわたくし(笑) 楯川さんも、ただ所有してたってだけで何のゆかりもないこのCDに快くサインを下さりました。ホントにすみません、、、。タカラモノにしたいと思います。はい。




ライブも終わり、out_of_mindさんを駅までお送りすることに。ホントはご飯でも食べながらゆっくりお話したかったんですが、電車の都合もあるし今回はお見送り。ってか、基本人見知ラーなもんで、妙にテンパってさぞ挙動不審な言動をしていたことと思われます。たぶんほとんど言葉になってなかったと思いますが、どうか不快にお思いにならず、今後とも宜しくお願いしマスm(__)m 何か僕が知らないような音楽をどんどん教えていただければ、とても嬉しいですので、その辺も宜しくデス。

で、さらにそのあとは むらさん とサイゼリヤでごはん。もう、安くて美味しくていうことなしです。耳も心もおなかも大満足で家路に付きましたが、何と言っても家から一番近いぴあに載ってるライブハウス(とはいえ下道で片道90分だけど)。またマッシュルームに行きたいなぁ。





2006.08.21 | Comments(0) | Trackback(0) | ライブ行きました

念願の初マッシュルーム。


今までいくつか見に行きたいライブはあれど、
予定が合わず入ったことがなかった姫路マッシュルーム。
ease企画のイベント(アンデルセンズのレコ発)に
ゑでぃまぁこんが出ると言うことで、行ってまいりました。
色々収穫がありましたが、詳しくはまたあとで。
とにかく眠いので、今日はもう寝ます。

2006.08.20 | Comments(8) | Trackback(0) | 未分類

ものが壊れる。

golden syrup lovers / HUE

シノワを聴いていたら、golden syrup loversが聴きたくなったので。
そういえばiPodに取り込んでないないなぁ、と気が付いたので、
ついでにインポートしながら聴いてます。
最近OBYS君の家に遊びに行った時に気が付いたのだけど、
僕がgslをライブで見て気に入るよりはるか前に
OBYS君は1stをジャケ買いしていたようで、
彼のCD棚の中に置いてありました。
おそるべしOBYS。またお邪魔しにいきます。

最近実家の母親用にSOTECのノートPCを買ったのですが、
立ち上げて1時間ほどでシャットダウンしてしまって困りました。
本体が目玉焼き焼けるくらい熱くなってて、熱暴走っぽいので、
カスタマーセンターに電話して引き取り修理してもらいました。
マザーボード交換してもらって、今はなんともなく動いています。一安心。
と思っていたら、先日買ったばっかりの自分のプリンターがへん。
独立インクタンクなのですが、カートリッジを誤認識しているようで、
"同じ色のカートリッジが2本挿さっているぞ!"と警告が出ます。
何回か挿しなおしてたら印刷できるけど、面倒くさいので修理かなぁ。
とか思いながら昨日はうたたねしてしまい、うっかりメガネをつぶしてしまって、
フレームからレンズが外れてしまった。
気に入っているフレームなだけに、なんとか直したいなぁ。
これから夜勤ですが、出勤前に町のメガネ屋さんに寄ってこよう。

HUE
golden syrup lovers / UMMO Records
UOCA-1008


2006.08.18 | Comments(4) | Trackback(0) | オンガク聴きました

心配でご飯も喉を通らないわ!!

のだめカンタービレ Selection CD Book

友人OBYSくんからの電話で、のだめカンタービレがTVドラマ化されると知りました。
しかも月9。さらにフジテレビ。正直 工工エエエ(´д`)エエエ工工 って気分です。
こういう音楽系の物語を実写にするにあたり、一番問題なのは演奏シーンだと思います。
大抵の場合演奏シーンでがっかりして、思わず怒りが込み上げてくることも少なくないです。
ましてやのだめカンタービレの場合、出てくる人物がそれぞれにクセのある演奏家で、
さらに天才的演奏をするとされている人物までいるのに、
それを一体どう表現するっていうんでしょうね。心配だ。
のだめ役は スイングガールズでおなじみの上野樹里さんだけども、
ぎゃぼー!とか ふおぉぉぉ ! とか 言わすんでしょうか。
個人的には嫌いなキャスティングではないですけども。ファンだし(笑)
しかしなー。千秋が 玉木宏はないよなぁ、、、。峰もなぁ、瑛太は違うだろー。
いや、それ以上にもじゃもじゃではない真澄ちゃんだったらどうしてくれよう。
シュトレーゼマン、竹中直人、、、って日本人じゃないかっ!
それに黒木君がいないよ??ピンクのモーツァルトはナシか??

で、結局一番心配なのがフジテレビだってことでしょうか。
個人的にフジのドラマってほとんどアタリがないんだよなー。
さらにあちこちで"原作クラッシャー"だの"原作レ〇パー"だの言われているし。
前に動物のお医者さんがドラマ化になった時も、あの世界観が描けるのか?
と思ったけど、上手に映像化していて結局全話見たけど、
せめてあれくらいはやってほしいなぁ。

ああー、心配だなぁ。

あ、もしかして「ぎゃぼー」が流行しちゃったりするんだろうか。
小学生があちこちでぎゃぼーぎゃぼー言ってたりして。


のだめカンタービレSelection CD Book
二ノ宮 知子 / 講談社
ISBN : 4063646467




2006.08.17 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

そして2枚目。

EndJoy / EndJoy

ジャケットの可愛らしいイラストにも共通するようなトイ・ポップ的な一面もありつつ、
基本トラック(?)をタイのアーティスト、クリケットパールが手がけているからか、
アジアンテイストがあちこちから感じられますが、それ以上に すずえりさんの
ボーカルのほうがアジアっぽい不思議な磁場が出来上がっている上に、
須藤さんのドラムが一人thermo状態で炸裂していてドラムンなんです。
ヘッドフォンしてよーく聴いていたら、観客の声らしきものが聴こえる
ってことは、これライブレコーディングなんですね。二度びっくり。
けっこうガチャガチャしていて忙しい音楽なんですが、
決してしつこくなく、後味さわやかなのは、アジアンテイストのなせる技ですか。
想像していた音は、もっと大人っぽい音楽ではありましたが、
ポップなトイ・ミュージックの中にも平気で虫を踏み潰してしまうような
子供の残虐性みたいのも感じられたりして、ちょっと怖かったり。

基本がドラマーなので、やっぱりドラムの音をメインに聴いてしまいますが、
音から想像するに、須藤さんがこのユニットで使っているのは
thermoで使っているロートタムで組んだ変則セットみたいですね。
タムの音階差がくっきり出て、アタックが強くて、倍音が少ないのがいい感じ。
やっぱり僕はロートタムが好きみたいですねぇ。

EndJoy
EndJoy / clay
clay0005



2006.08.16 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

まずは1枚。

シノワ / Bloom 光の世界

CDから聴こえてきた音は、けっこうサイケなイメージなんだけど、
聴き終えた後に一番残っているのは、ひたすらポップな印象です。
音的に一番近いところでは"羅針盤"ですねぇ。
でも、メロディラインは"golden syrup lovers"なんですね。
メロディもだけど、ベースラインもけっこう似ているなぁ。
もし advantage Lucy (Lucy Van Pelt時代かな) が関西のバンドだったなら、
もしかしたらこんな音を奏でていたかもしれません。
山本精一さんが帯のコメントで書いておられえるように、
大変カラフルな音で、それこそくるくる回りながら万華鏡を覗いている感じ。
あ、でもその表現だと、ちょっとアブない人間みたいですねw

さっきギューンの掲示板を覗いたら、ワゴンコーナーのことがコメントされていました。
須原さんゴメンなさい。僕も買ってしまいましたm(__)m


Bloom 光の世界
シノワ / CHILDISH SOUP
CSCD-10




2006.08.15 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

新宿でのお買い物。

DEEPERS のライブが始まるまでの間、
時間つぶしにと思って入ったタワーでソフトに狩られてしまいましたw
まずはフロアをかるーく流して、国内アーティストの棚を一通り眺めて、
テクノの棚を見に行こう、、、 と思っていたら、
ふとワゴンに盛られた¥515 均一コーナーが目に入りました。
貧乏性のワタクシは、ワゴンを見つけたら必ず漁るのですが、
まぁはっきり言って、滅多にお目当てのCDを見つけることは少ないです。

ところが、新宿タワーのワゴンにはお宝がわっさわっさ盛ってあり、
あたしゃ思わず"おおう?!"と声を出してしまいましたよw

既に持っているCDでは、TagRag のレーベルコンピ"Raggle Taggle 2"
Jesus Fever 、onoff 、KIRIHITO 、グラインド・オーケストラ など
錚々たるメンツが参加しており、JFの"GHOST ON THE BOOKSHELF"収録。
JFファンなら必ず手に入れておきたい1枚ですよ。
あと、マイブラ予備校でおなじみのコンピ"seven winters"
2枚とも、なんでコレを¥515で売るのさ!と思わず言っちゃったですよ。
"Raggle Taggle"なんて、あと4枚もありましたよ。
もしここをご覧の方で、まだ手にしておられない方は是非。

おっと。脱線。
で、前から欲しかったけど手持ちがなくてあきらめたり、
ジャケを見てぴぴっときて買ってしまったCDがこの3枚です。



シノワが¥515 !! CHILDISH SOUP のコンピが ¥515 !!
これだけでも大満足だったのに、thermo 須藤さん参加のEndJoyまで!
EndJoy は ワゴン漁っていて初めて知ったんですけどね。
先週の激務→週末の東京遠征→今週の連勤 で、
まだゆっくり聴けないので、ぼちぼち聴いていきます。

んー、3枚中2枚がギューンのCDだなんて、ちょっと複雑。
買った本人は嬉しくて仕方ないんですけどね。
あ、ギューンの2枚もまだまだ在庫ありましたよ。
シノワなんて、一体何枚あるやら、、、。ちょっとくやしー。


2006.08.14 | Comments(2) | Trackback(0) | CD買いました

僕らのサマーソニック~旅終了

いま40分遅れでバスがでました。
もうぐったりです。

毎回二度と遠征なんかするかい!と思うのですが、
フタを開けてみたらすごいライブで、
きゃう~ん。また行きたいわぁ、と思っちゃうのです。

ええ、バカですね。

詳しくはまたあとでアップしよっと。

↓この写真をぱっと見で何か分かった方はすごいです。




2006.08.13 | Comments(12) | Trackback(0) | 未分類

まさかの二回目from都内のマンガ喫茶

えー、またまた東京に来ています。

夏の行人坂を見に行くついでに DEEPERS のワンマンでも見ようかとw


いやいや。
おまけに釣られたバカモノでございます。

ホントはAさんとサマソニに行く予定だったんですけどね。
なんて、言い訳がましいですね。

えー、これから荒川区に行ってきます。
DEEPERSとはなんにも関係ありませんが。
同行者のむらさんがどうして行きたいといいますもんで。

ではまたのちほど。




2006.08.12 | Comments(2) | Trackback(0) | ライブ行ってきます

ぐったり。

二階堂和美 / 二階堂和美のアルバム

今日は職場のイベントで、夜勤が明けたまま手伝ってたら夕方になってました。
タイムカードを押したら、24時間と15分くらいの勤務時間でしたw
ライブに行く時と同じくらいのナチュラルハイのままCD聴いてたら、
ずがーんと歌詞が耳に入ってきて、涙が出ちゃったよ。
で、どうもそのまま沈没してしまったようで、気が付いたら23時まわってた。

で、いま改めてCDを聴きなおしていますが、やっぱり良いですね。
今までのホームメイド感覚溢れる音と違い、プロフェッショナルな録音物です。
シンプルに弾き語り+宅録っぽい被せモノ ってニカさんの持ち味だと思いますが、
今回みたいにいろんなミュージシャンとコラボって生まれたアレンジに
身を委ねている自由なニカさんのボーカルもかなり好きですね。
帯にも書いてあるけど、まさに"珠玉のジャパニーズ・ポップス"という感じ。
あとやっぱり、その歌詞の素晴らしさ。
イルリメさんの音楽ってあんまり好きではないので、まじまじと聴いたことないけど、
純粋にニカさんに提供された歌詞を読んでいると、
その独特の節回しがとてつもなく気持ちよくって、
思わずイルリメさんの曲も聴いてみたくなってきました。
個人的に歌詞をできるだけたくさん詰め込んだようなモノは
すぐにおなかいっぱいになってしまうのですが、
ってか、ヒップホップの無理やり歌詞を詰め込んだ感が大嫌い(内容もだけど)ですが、
tr.4) 今日を問う pt.2 ならいくら聴いても大丈夫。ラップではないけど。
現代の買い物ブギというべきかなぁ。そんな感じもする。

このアルバムでは、ニカさんの持ち味でもある変幻自在な声色が
多少なりを潜めているよな感じはしますが、
いままでの"うた"で表情をつける感じではなく、
このアルバムはバックトラックにも充分表情があるから、
ボーカル表現と言う面では少し控えめだったりするような。

ま、まだ封を切ってから6時間くらいなわけで、
これからどんどん聴き込んでいきます。
ながーい付き合いになりそうな、素敵なアルバムを手に入れちゃった。

二階堂和美のアルバム
二階堂和美 / ブルース・インターアクションズ
ISBN : B000FZDMHS




2006.08.10 | Comments(2) | Trackback(0) | CD買いました

そんな時に限って。

運送会社から携帯に不在通知が。
ってことは、ニカさんのCDが届いた!やった!

でも今夜は夜勤なのですorz

あ、明日が待ち遠しくて仕事ににらないっ!

2006.08.09 | Comments(0) | Trackback(0) | ふと思いました

緊張感。

gaji / 9pm at gfm

アパートから職場まで車で10分弱なのですが、
たった10分でも音楽は聴きたいので、ガツーンとくる曲を選んでいます。
ここ何日か車のMDプレイヤーに突っ込みぱなしなのが gaji のMDです。
80分のMDに詰め込めるだけ gaji の曲を入れているのですが、
それを作ったのがこのアルバム発売前だったので、
tr.1) sand , tr.2) sun exhausted が聴けませんでした。
聴きたい時に聴けないこのもどかしさ。
ってわけで今まさにヘッドフォンして大音量で聴いているのです。

は~。focus|fluid|daub の頃の複雑な gaji が大好きだけど、
このアルバムの頃の曲全体に漂う緊張感もたまりません。
ライブ感溢れる録音が余計に緊張感を増幅していてたまらんです。

9pm at gfm
gaji / inoxia
IXCD-0301



2006.08.08 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

もらいもの。

spiritual vibes / tender blue

友人OBYS君がジャケ買いしたのですが、
思っていたような音ではなかったって事でありがたく頂戴したCDです。
ジャケ写デザインの趣味は、僕もOBYS君も同じような方向性なので、
もし店頭で見つけていたら、僕も買っていたかもしれません。
音のほうは、フロア対応型JAZZって感じですか。
OBYS君はJAZZを聴くなら、古い録音のものが良いみたいで、
フロア対応っぽいのはあんまりぐっとこなかったようです。
僕はクリアな音だーいすきなので、このCDの音はカンペキですね。
ボーカルもつぶやくよいうな、語りかけるような感じで、
全面に出ている感じではないところがポイント高し。
ちなみに一緒に貰ったサイレント・ポエツはよく分からなかったです。

OBYS君のおかげで spiritual vibes に出会えたので、
感謝しないといけないなぁ。ありがとう。
その数年後にchildiscのCD買って、竹村さんの名前発見して、
あー、巡り巡ってるなー、と思ってしまったです。
好きな音や、ジャケデザインを辿っていると、
同じようなところに行き着けるもんですねぇ。

tender blue
spiritual vibes / bellissima!
TFCC-88318





2006.08.07 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

意地でもクーラーは使いません。

今日は、毎年夏恒例浜辺のBBQでした。
みんな元気でなにより。
今年は鶏メインのヘルシーBBQだったけど、
これもまた良しですね。
とか言って、最近牛肉全然食べてないので、
ちょっと残念かもしれないw

前の職場で知り合ったK兄さんがきっかけで広がっていった人脈。
自分の友人の中で、一番大人チームです。精神年齢的にも。
仲良くしてもらえてありがたいなぁ、と毎年思ってしまうのでした。

昨日夜中の仕事途中で放り出して、Last.fm に参加してみました。
なにが出来るかとか、どうなるかとか、ぜーんぜん分からないけどとりあえず。
今日何を聴いたかは、左側をご覧くださいませ。
iTunesをシャッフルで聴いていますが、
突然突拍子もない曲が出てきたりしておかしい。

さて。仕事の続きしよっと。あー暑い。





2006.08.06 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

強攻スケジュール

二階堂和美 / たねⅠ+ Lovers Rock

今日は早朝出勤して、昼の3時過ぎに仕事終わらせて、
仕事関係のイベントの見学で1時間ドライブして現場へ。
で、今帰ってきてやっぱりニカさん聴いているワタシ。
眠たいので寝たいのだけど、月曜日までに仕上げないといけない仕事があるので、
いやいやながらも、これから作業開始します。
作業効率が上がらないかもしれないけど、ニカさん聴きながら仕事しよっと。

たねI
二階堂和美 / ディウレコード
ISBN : B00005R0IM




2006.08.05 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

連続投稿

野沢直子 / ふかづめ

今日の金スマは野沢直子さんがゲストでした。
いつもは見ない番組ですが、たまたまTVつけたら野沢さんが出ていて、
それでもってライブハウスで歌ってるシーンが出てきたもんですから、
思わずCD聴きたくなって、CD棚漁っていたら出てきました(笑)
まさか実家から持ってきてるとは思いませんでした(笑)(笑)

内容はまぁ置いといて、それでも楽しめる次元を超えたCDです。
高校の頃、夢で逢えたらが毎週楽しみだったあの感覚が戻ってきちゃった。
そんなおセンチな感情をぶち壊す、素敵なCDですw

だって、野沢直子大好きなんだもん。


ふかづめ
野沢直子 / VICTOR INVITATION
VDR-1595



2006.08.04 | Comments(2) | Trackback(0) | オンガク聴きました

気が付けば1周年

二階堂和美 / たねⅠ

今日はニカさんの新作リリース日なのですが、やっぱり私の手元には届きませんでした。
一緒に注文したCDがいまだ未入荷なので当然です。
なーんにも考えずに、ダブルポイントだし注文してまえ!なんて
注文したのがまずかったですが、どっちみち欲しいCDですのでキャンセルせず、
気長にCDが届くのを待とうと思います。はやく聴きたいけど、、、。
新作が届くまでは、iTMSで落とした"Lovers Rock"と"たねⅠ"を
聴きつづけると思います。
なんだか、羅針盤を好きになった時のような勢いで、ニカさんに侵食されてるな(笑)

先日ヤフオクでニカさんの1stを見つけたのですが、競り負けました。
5桁はさすがに出せないです。でも聴いてみたいなー。

たねI
二階堂和美 / ディウレコード
ISBN : B00005R0IM



2006.08.04 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

サルベージ。

manwoman / 道標

中古屋で発見したので、すかさず救出してまいりました。
地元のなんでも中古屋(古着もマンガも釣具も一緒に売ってある)だったので、
ぜーんぜん期待してなかったのですが、まさかmanwomanがあるとは。

ツインベース編成になってて、ベースがLRから分かれて聴こえて、
ギターがほぼ真ん中で鳴っているという、変則録音で不思議な感じです。
音のほうは以前のへヴィサイケてトリップしちゃいそうな感じは影をひそめ、
日本語詞のドライヴィンなロックに変貌していました、がこれもいいかも。
曲のサイズもコンパクトになっていて、かなり聴きやすい仕上がりです。
ぱっと聴き、高校の頃に聴いていた"タイフーン・ナタリ"を思い出しちゃった。
もちろんタイフーン・ナタリのようなキャッチーさなmanwomanにはないですが、
それでも普通にメジャーからリリースされていてもおかしくないような出来です。

もうちょっと前みたいなへヴィさが残っていても良かったかな。


道標
MANWOMAN / biscuit records
ISBN : B00005JYKL




2006.08.03 | Comments(0) | Trackback(0) | オンガク聴きました

訃報

TRANS RECORDS/SSE COMUNICATIONSの北村昌士氏が亡くなったそうです。
この1週間ほどそんなコメントが2chに書き込まれていましたが、
情報源が不確かという事で、2ch内でも情報が錯綜していました。
が、北村氏が編集長だったフールズメイトに記事があったそうです。

北村氏のバンド自体にはさほど影響を受けませんでしたが、
TRANS/SSEからリリースされた多くの音源には、かなりのめりこみました。
90年代に多くのカタログをCD化してくれた事で、
より多くの音源と出会うことができました。
北村氏が世に送り出したたくさんの音源が、僕の音楽性の礎になっています。

まさかこんなに若くして亡くなられるとは、、、。

ご冥福をお祈りいたします。



2006.08.02 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

で、早速iTMSにて購入。

二階堂和美 / Lovers Rock

ちゅうことでヘッドフォンして繰り返し聴いています。
3月に姫路easeでニカさんを見たときに演奏されてた"Lovers Rock"でした。
あの時はギター1本弾き語りでしたが、今回のバンドver.を聴いてみて、
ギター1本で表現しようとされていたのはこれだったのかー、と思いましたね。
"のだめカンタービレ"で、のだめがピアノを演奏していたのを聴いて
"まるでオーケストラを聴いているようだ"と評しているシーンがありましたが、(マンガですが)
あのeaseでの弾き語りも、まさにそんな感じだったな~、と思い出しました。
決して大げさに言っているわけでなく、ホントいろんな音が聴こえたような気がしますよ。

アルバムリリースまであと3日、早く聴きたいなっ。、、、、
って、同時にあと2枚頼んであるから、届くのもっとあとかも知れない。
げ、しまったなぁ。。。

Lovers Rock
二階堂和美 / iTMS




2006.08.01 | Comments(4) | Trackback(0) | オンガク聴きました

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

07 ≪│2006/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。