スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

軽さが気持ちいい。

V.A / THIS PLANET ROLLS

SAKHALIN TV の2ndをリリースしている passedout から出てるコンピです。
8つの国から13のバンドが参加して、4つの言語で歌われています。
ギターポップ、エレポップ、パーティーミュージックなど、HAPPY TUNE 満載です。

ここで気に入った曲を、、、、。
tr.1) は SAKHALIN TV が 2ndのタイトル曲「slow down」をバージョン違いで収録しております。この SPICY MIX には オリジナルトラックにギターやらコーラスやらをかぶせてあります。もちろん好きなんですが、オリジナルver.のシンプルさが気に入っているので、次点。
tr.2) は オーストラリアの Architecture in Helsinki 。これがすっっっっごく良いです。多人数編成で、管楽器をうまくからめた PARTY TUNE です。めっちゃハッピーです。中盤のブレイクで大変アンニュイな感じになるところがたいそうたまりません。これはいいバンド見つけました。ちなみにwebもセンスがいいです。試聴もできますので、行ってみてください。

Architecture in Helsinki

r.5) Starlights Mints は、僕が一番ハマってた頃のスウェディッシュ・ポップ風な曲調なのですが、アメリカのバンドです。うまく消化してるなぁ。このへんはアメリカのアーティストは上手だなぁと、つくづく思いました。
tr.7) Jelie's Haircut は日本のインディギターポップバンドが、ちょっとシューゲイザーやってみたって感じで、耳によく馴染みます。特にイントロなんてかなりツボですから。
tr.9) はスウェーデンの Moody Alan ライナーにも書いてありましたが、ホント、スウェーデンの方と日本人って、メロセンスもアレンジセンスも似ているなぁ、と思いました。なんて言いながら、この曲はやっぱ洋モノっぽさ全開ですね。
tr.10) Busch はドイツのバンド。個人的にはスウェーデンよりドイツのほうが、ワビサビが理解できる国というか、センスが日本と一番近いんじゃないかって思います。この枯れた感じなんて、なかなか出せませんよ。
tr.12) アメリカの 12Rods 。これもイイです。テンポが早いギターポップです。このバンドにもそこはかとなく スウェーデン臭が。この曲はとにかくメロがいいのと、曲展開がちょっとありそでなさそな感じでたまりません。

総括としては、やっぱ Architecture in Helsinki がダントツです。
JAGA JAZZIST が超HAPPY な曲ばっかり演ってる感じですもん。
金管が上手に使われてる曲は、ブラバン出身者である僕のハートをくすぐるんです。

THIS PLANET ROLLS
オムニバス / インディペンデントレーベル
ISBN : B0009OAT8K

スポンサーサイト

2005.08.24 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。