スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

記憶が薄れないうちに

FROG MEETING ~チャイナ追悼イベント @ 京都大学西部講堂

さる4/9に行われた FROG MEETING 午前中は曇っていてやや肌寒く、ちょっと気になる天候でしたが、会場についた頃には太陽も顔を出し始め、だんだんぽかぽかと穏やかな気候になり一安心。会場内には飲食ブース(ドライカレーと、ニーハオ!の中華丼屋さん)、ドリンクコーナー、さらに、100円でコーヒーとお茶がいただける店と、おいしいチャイの店、また、P-hour 04出演時の羅針盤のビデオが流されているコーナーがあり、思わず見入ってしまいました。そんな和やかな雰囲気の中でイベントは進行していきました。MCでチャイナさんへの思いを語るバンドもあれば、演奏でチャイナさんに気持ちを届けるとばかりに、演奏に専念するバンド。お客さんもそれぞれにいろんな思いを胸にライブに参加していたと思います。本当に作り手の気持ちのこもった素晴らしいイベントでした。ただ、残念なことがひとつだけ。かなり過密なタイムテーブルでしたが、途中から進行が遅れだして、結局Friendly Science Orchestra の時点で約1時間遅れ。 ゆーきゃん と soner+山本精一が見られませんでした。たぶん同じ気持ちの人多かったんじゃないかな。では、簡単ですがレポしていきたいと思います。


Limited Express(has gone?)
初めて彼らのライブを見たときは、その奇天烈な曲と、ユカリさんの超音波ボイスにびっくり仰天でしたが、あれから5年、じっくりと熟成された彼らの音楽は、歯切れの良い演奏はそのままに、日本語詞になったことでキャッチーさを増して、さらに曲も若干長尺となり、どびきりハイパーでものすごいパワーを持ったものへと大化けしていました。特に"生贄のJESUS CHILD"は最高!!前々から気になる存在ではありましたが、一気に大ファンになってしまいました。ドラムは奈良崎さんからチェンジしたようでしたが、パラディドル(だと思う)を多用したフレーズはそのまま、今度のドラマーさんもヤバいノリを持った凄い方でした。途中ユカリさんが感極まって涙声になるシーンがありましたが、そのMCで"チャイナさんは、ここにおると思う~"とポロリとおっしゃいました。それ、あの場所にいたみんながそう思っていたんじゃないかな。僕もそう思った。ってか前にも書きましたが、チャイナさんは面白いバンドが集うライブハウスには必ずいるような気がします。うん。

ULTRA BIDE
古い雑誌の記事や、gaji のキミジマさんや、Jesus Fever のオカザワさんが参加したことがあるってことぐらいしか知識がありませんでしたが、聴いてびっくり。日本のインディーズ創生期のハードコアパンクを真空パックした音を、ふたたび開封したらより濃密にパワーアップしてたって感じでした。ホントに凄いパワー。94年くらいのマッドカプセルマーケッツにも通じるようなものを感じてしまいました。

golden syrup lovers
今回のイベントのために1回きりの再結成だそうですが、磔磔やFandangoで聴いた懐かしい曲をたーくさん演ってくれて嬉しかった~。長辻さんは、まえはもっとクールなイメージがあったのですが、この日は飛んだり跳ねたりすっごく楽しそうに演奏してました。ステージの上が楽しそうだと、見てる側もテンション上がりますね。うんうん。あ、ギターの人は前から"ゲゲゲの人"ってイメージがあったのですが、衣装までゲゲゲでしたw

少年ナイフ
アツコさんが用事があるとかで不参加。ってことで、ナオコさん以外サポートという編成でのライブでした。ドラムはいつものようにエッちゃんでしたが、ベースの方ははじめてのサポートということで演奏がこなれてなく、なんだかギクシャクした演奏でした。仕方ないと思いますけどね。そんな中でもナオコさんはいつもどおりの楽しく明るいステージングでした。っていうか、チャイナさんが直接関わってただけに、切ない気持ちが倍増してしまいました。

spectas
ずーっと見たい〃と思いながらも、都合がつかなくて毎回諦めていたspectasがやっと見られました(感涙) うっちーさんはバリトンギターで、低音パートからギターのようなフレーズまで担当していました。うっちーさんのベースはやっぱり大好きだなぁ。僕はこのベースがないと生きていけない。うっちーさんの和音フレーズがバリトンギターでより気持ちよく響いてました。曲調としては、01年くらいのMSAYAにも似たポストロック的アプローチ。曲の尺は短めですが、要所要所にキメがちりばめられていて、瞬間"ハッ"としてしまいます。MSAYAのように涙腺を刺激する感じではないけど、この感じも大好きです。ドラムの桂さんは、toricoで見たときよりも繊細なフレージングやスティックワークが増えて、さらにパワーアップしてました。MCで"これからどんどん露出していこうと思う"と言っておられましたが、心の底から嬉しかったです。はやいとこ音源もお願いしますよ~。

fork enough
ちょっと外で日向ぼっこしながら休憩していたら始まってしまったのですが、漏れ聴こえてきた音があんまり好みではなかったので(すみません)、そのままお食事タイム。ドライカレー美味しかった!!そのあと飲んだチャイもすっごい美味しかった!!

drillman
1月に見たときも思ったのですが、最近のdrillmanの轟音は大変好みです。彼らのライブも何度となく見てきてますが、今一番いい感じなように思います。q-zoさんのギターから発せられる音の壁に酔いしれながら、カオリさんのうねるべースに身をゆだねる心地よさ。ta-coさんのドラムは、そのフォームこそあまり好みではないものの、手数控えめのドラミングは、よりdrillmanの曲と一体化する事ができるように思いました。drillmanのライブ、また見てみたいなぁ。

DMBQ
新ドラマーの方はかなり自己アピールの激しい方のようで、ちょっと苦手な感じ。そこに1曲目が"She walks"だったもんで、こころがきゅーっと締め付けられて、ちょっと見るのが辛くなってしまって外に出てしまいました。まだまだ傷は癒えてないんだな~、と改めて思ってしまいました。。。

CONVEX LEVEL
2003年1月の slower traffic 以来、ホントに久々に見るCONVEXのライブでしたが、今まで見てきた中で一番グルーヴが気持ちいい、ものすごく気持ちのいい演奏を聴かせてくれました!!もう、僕にはCONVEX LEVELが必要なんだー!!って再確認しちゃった。最初から最後まで顔緩みまくり、体動きっぱなし。1曲目は"ラジオスターの悲劇"でしたが、未だかつて、あんなアンニュイな"ラジオスターの悲劇"のカバー聴いたことがありません! あれだけ有名な曲ですから、どうしてもオリジナルの断片がアタマに残ってしまうのですが、それを1発で払拭するくらいCONVEX LEVELのオリジナルと化していました。その曲が収録されているコンピは、CCCDだったのでまだ買っていないのですが、もうCCCDでもいいや。買って聴きたい!!聴かずにはいられない!! ピッキングハーモニクスで始まる新曲もすごく良かったです。展開はあまりありませんが、まるでヤッタ―マンの"びっくりドッキリメカ"のように、一糸乱れぬグルーヴにやられてしまいました。もう好きにして~。まだ音源化されていない曲もたくさん演ってくれてもう大満足でした。良さんが"こんな時になんて言ったらいいかわらへんけど、、、チャイナが好きな曲演ります"と言って始めた曲は"Lily"。僕も大好きな曲で、マイベストオブCONVEXに入れている曲。なんだか嬉しかった。。。

PARA
去年アンデパンダンで見たときに演ってた曲と同じフレーズの曲。精一さんが「チャイナが加入して初めて作った曲です。ダンスナンバーなので、気楽に聴いてください」とおっしゃってました。ROVOとは違い、ジャズ/ラテンのフレーバーたっぷりのアプローチで、たっぷりと躍らせていただきました。それにしても千住さんのバカテクっぷりには、毎度驚かされてしまいます。踊りながら、グルーヴを感じながらも、その超絶技巧には思わず目がくぎ付けになってしまいました。30分に及ぶ長尺の曲なのに、一切だれることなく、ピーンと糸を張ったようなテンションはさすが。最敬礼。そうそう。会場からあがった「ロックンロール!!」という声に、精一さんが「ロックンロールは嫌いや!!」と(笑)

Friendly Science Orchestra
イアン師匠は、ポータブルプレイヤにバックトラックを詰め込んで、ウクレレでそれを彩り、サポートの方が、ラップトップやら金物でノイズを奏でるというスタイルでした。バックトラックからは、そこはかとなく BAMBI SYNAPSEのカオリが。そこに乗るイアン師匠の歌声が、哀しくも温かく響いていました。途中盛り上がってしまったお客さんが、ステージを叩いて演奏の邪魔をして(いるように見えた)しまいましたが。。。3曲目でうっち―さんがバリトンギターで参加。この曲は師匠がチャイナさんを想いながら作った曲だそうで、まるで鎮魂歌のようにこの日一番哀しい旋律を奏でていました。イアン師匠の想いは、ちゃんとチャイナさんに伝わってるように感じましたよ。



そんなところでタイムアウト。かなり後ろ髪を引かれながら西部講堂を後にしました。結局、この日のイベントを〆るべきsoner+山本精一が見られなかったってことで、なんだかイベントがまだ終わってないような気さえします。でも、出演者、スタッフの皆さん、会場に来たお客さんみんなが、チャイナさんのことを心にしっかりと刻みこめたイベントになったのは間違いないと思います。チャイナさんが置いていってくれたたくさんの音や、音楽に対する姿勢や、楽しみ方、それだって、チャイナさんのほんの一部分に過ぎないけど、少しづつでも皆で共有して、これからもずっとみんなそれぞれどこかにチャイナさんの存在を感じながら、ちょっとづつ前に進んでいけるような気がします。最後に、イベントのフライヤに刻んである言葉を。


we never forget

"china"

and her music.






スポンサーサイト

2006.04.11 | Comments(10) | Trackback(0) | ライブ行きました

コメント

こんばんワリオとマリオ。
殆ど、知らないバンドばかりですが、面白く読ませて頂きましたー。良いイベントだったんですね。「京都大学西部講堂」って、村八分やら何やら、かなり伝説的な場所ですよね。一度行ってみたいな~。
あと↓の記事と、この記事からして、正味3回アップに失敗したという事ですか…。スゴイですね…。
あと、CONVEX LEVELが収録されているコンピって『FINE TIME』ってやつですよね。所有はしておりませんが、多分、CCCDなしで再販されていますよー。僕もこのコンピ欲しかったんだよな~。

2006-04-11 火 23:33:00 | URL | hachimoku #79D/WHSg [ 編集]

>hachimokuさん
コメントありがとうございます。このイベントに出演したバンドは、チャイナさんという唯一無二のドラマーが関わったり、チャイナさんをリスペクトしている方々が集まってます。なので、主に関西で活動しているバンドがメインとなってますので、hachimokuさんが知らないバンドがいっぱいだと思います。でも、是非hachimokuさんにも聴いていただきたいバンドがたくさんですよ。
賞味この記事をアップするのに5時間弱もかかってしまいまして、やっとこさアップし終えたものの、伝えたいことの半分くらいスポイルされちゃってるような気がします。
西部講堂にはこれで5回ほど行きましたが、あの独特の雰囲気を是非体感していただきたいですね。
コンベックスのコンピ、"FINE TIME"です!!再販されたんですね!!これで何の悩みもなく購入することができます。情報ありがとうございます~!!
それにしても、毎回ですが、己の文章の稚拙さが嫌になります。ホント。。

2006-04-12 水 00:09:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

ども!レポート待ってましたありがとうです☆臨場感ちゃんと伝わりましたヨ。チャイナさんそのものが、京都ロックシーンの文化ですねぇ~って感じました。きっとソレは脈々とリミエキとかに受け継がれて、知らず感じ取ってるのかもしれませんねぇ。。。しかし西部講堂いってみたいもんデス。

2006-04-12 水 00:43:00 | URL | SDCH #79D/WHSg [ 編集]

お疲れさまでした。 なかなか良いイヴェントだったみたいでよかったです。
ちなみにコチラは、年々ライブに行けなくなるでしょう。 が またよろしくです。

2006-04-12 水 07:30:00 | URL | OT #79D/WHSg [ 編集]

>*sdch*さん
こんなレポでなんだかすみませんです。自分が好きで見たり聴いたりしていたバンドの人脈の中のほとんどにチャイナさんの存在があったということを考えると、改めてチャイナさんの影響力の強さを感じずにはいられません。京都というか、関西の音楽シーンの中枢にいたんだなぁ、と。形を変えながら、チャイナさんの意思は受け継がれ続けていくんでしょうね。西部講堂、機会があれば是非お越しください。ホントに大好きな場所です。

2006-04-12 水 23:56:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

> OTさん
ホントは誘いたかったんですけどね。今だったらより一層関西の音楽シーンを深く知ってもらえそうだったし。イベント自体はとても素晴らしいものでした。ライブは、なんとか都合がつけれた分は是非一緒に行きましょう!

2006-04-12 水 23:58:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

今仕事が佳境で参加できず悔しい思いをしていたので、レポありがたかったです。良く雰囲気の伝わる文章ですよー。いいライヴの楽しい空気とチャイナさんの笑顔がうかんで、ああまたライヴ行きたいなって思いました(次いつ行けるかわかりませんが)。
西部ってやっぱり独特の空気持ってますよね。

2006-04-13 木 00:05:00 | URL | out_of_mind #79D/WHSg [ 編集]

> out_of_mind さん
姫路日記でイベントに参加できそうにないです、、って記事を拝見してましたので、このレポには out_of_mind さんに少しでもイベントの雰囲気が伝わるように、、って願いが込められております。是非会場で熱くチャイナさんトークぶちかましたかったですけどねw またお会いした時の楽しみに勝手に取っておきますww 西部講堂は、僕にとってはBEARSやFandangoと似た空気感を持ちつつも、なんだか神聖な空気も感じてしまう不思議な場所です。遠いので、家に帰るまでが大変なんですけどねー。

2006-04-13 木 00:56:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

ううっ(涙)今度FANDANGOでお目にかかったあかつきには必ずビールおごらせてもらいます。

2006-04-15 土 01:03:00 | URL | out_of_mind #79D/WHSg [ 編集]

> out_of_mindさん
次にお目にかかれるのは、Fandango か Bears か Ease でしょうねw ビールはなしでも、ぜひお話ししたいですねー。

2006-04-15 土 22:53:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。