スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

調子に乗ってpt.2

さてさて、全3シリーズのうちの2枚目です。
今日発表いたします選曲基準は、"ファースト・インパクト"です。
SSTVなんかを流してて、耳が吸い寄せられた曲もあれば、
元々知っていたアーティストのCDを買ってみたらば、
それまでの作品以上に ド・インパクト を感じてしまった曲もあり。
さらっと言ってしまうと、"一発で好きになっちゃった曲集"です。
自分が持っている音源の中でも、最もポピュラリティーを感じられる1枚ですかね。
気がつけば、テンポがよく、歯切れのいい曲がきゅうきゅうに詰まってしまったと。

それでは、どーん。

01_show business / Cymbals
02_irony / SUEMITSU & SUEMITH
03_surfing / spanova
04_DROWNING IN HER SEA / skybeaber
05_HOME * ROOM / LaB LIFe
06_one too many rain ~もうひとつの雨 / chocolat
07_one thousand 20th century chairs / Kahimi Karie
08_CHOCOLATE / ROUND TABLE
09_DEATH SURF PANIC / SCHOOL GIRL '69
10_AUTOMATIC ERASER / the AUTOMATICS
11_ノーマル・エフェクト / アポロチーム
12_CLOSED BOOK / PAUME
13_slow down / sakhalin TV
14_NORTHERN ROCK / BUGY CRAXONE
15_Remember / 清水 弘貴
16_TOP OF THE WORLD / 少年ナイフ
17_Lucky Star / RON RON CLOU
18_FLOAT / ナイス・マーブルズ
19_punkrockauthority / popcatcher
20_大都会交響楽~I HEAR A SYMPHONY / PIZZICATO FIVE

何曲かはblogでも取り上げている曲がありますね。
SUEMITSU & THE SUEMITH とか、school girl'69 とか。


まず、イントロで一発K.O骨抜きにされたのは、
01_show business / Cymbals
02_irony / SUEMITSU & SUEMITH
14_NORTHERN ROCK / BUGY CRAXONE
20_大都会交響楽~I HEAR A SYMPHONY / PIZZICATO FIVE

これらの曲のイントロが持つパワーはものすごいです。
BUGY CRAXONE はギターのカッティングのジャキジャキ感が辛抱たまらん。
PIZZICATO FIVE は 生オケの重厚さと、打ち込みの性急なリズムにうっとり。
Cymbals はイントロからいきなりブレイク炸裂で、リズムがツボ中のツボ。
SUEMITSU & THE SUEMITH はピアノの美しい旋律に乾杯。

1曲だけ曲調が違うアンニュイな chocolat の one too many rainですが、
この曲だけは、もうどうしても入れたかったので。このコード感は僕の頭の中で鳴ってる音。
特にサビの後ろで鳴っている弦(バイオリンとか、チェロとか)のアンニュイなコード感。
小学生の時に聴いた、シルヴィアンが歌う"FORBIDDEN COLOURS"のイントロで
重たく響く、あの切ない弦楽の重なりを思い起こさせる、あのフレーズ。号泣です。

sakhalin TV も、この中では異色かもしれませんね。
言葉少なにボソボソと語りかけるようなsakhalinさんの物憂げでウェットなボーカル。
でも、これもバックトラックもメロもsakhalinさんの声もまるごと好きなのでね。

あと、PAUME の CLOSED BOOKは、個人的にPAUMEの曲で
一番大好きで、常にそばにおいておきたい1曲です。
この曲からは、すごくポジティブなパワーを感じます。
前進、前進。後ろを振り返らないように、、、。
ここ、「振り返るな!!」っていうほど強い主張じゃないところがミソ。

昨日の盤では Jesus Fever を収録してましたが、
実はそれぞれの盤に、チャイナさんがらみの曲を入れております。
このCDには、 少年ナイフ / TOP OF THE WORLDを入れてみました。
次のフレーズがどうくるか分からないのがチャイナさんの持ち味でしたが、
さすがに少年ナイフでは、すこーんと突き抜けたドラムを叩いておられます。

1枚通して聴くと、若干疲れてしまうかなー、って気もしますが、
これを聴けば、元気が出るような、そんな選曲になっています。

またまたつづく。


スポンサーサイト

2006.04.30 | Comments(2) | Trackback(0) | CD焼きました

コメント

おっ、第二弾は、"一発で好きになっちゃった曲集"ですか~。
正直、殆どの曲は知らないのですが…、しかし5~8曲目は、思いっきりカブってます…、ははは。
ラウンドテーブル、ショコラは勿論、カヒミカリィのこの曲、好きだったな~。確か、堀江博久さんだったかしらん…、と交互にボーカルを取ってるんですよね。ビデオクリップの疾走感も好きでしたー。
あと、ラブライフ!。この曲も好きだったなー。特に、「ブランコーに乗りー」という歌詞の部分で浮かぶイメージが、妙に今も印象強く残っております。
ラブライフのメジャー1stアルバムと1st&2ndマキシは本当によく聴きました。不自然にかわいらしい歌声とかに、「ちょっと狙いすぎではあるな~」とか思いながらも…、ははは。
懐かしひ、ネオサイトディスク…。

2006-04-30 日 23:55:00 | URL | hachimoku #79D/WHSg [ 編集]

>hachimokuさん
わー、まさかLaB LIFeが引っかかるとは正直思わなんだw 僕は結局インディの音源から最後のアルバムまで好きだったなー。ちょっとラスト作の妙なテンションはどうかと思いますけどね(笑)あ、僕はネオサイトはショコラとラブライフしか持ってないです。他に誰がいたっけ、ムーミンとかだっけ?? カヒミは、この曲がベストトラックですね。この曲に勝る曲なし。堀江君作曲の曲の中でも(知ってる中では)ベストですなー。
、、、。こうなったらいっそ、聴いてみるかい?

2006-05-01 月 23:57:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。