スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

研修のレポート提出。

SHINJUKU LOFT ANNIVERSARY "ROCK OF AGES 2006"

性懲りもせず、またまた友人を巻き込んでの東京遠征でした。でも、dipが久しぶりにライブをするなんていうニュースの上に、DEEPERS と 対バンするだなんて分かっちゃったもんだから、もう大変、なうえに後押しまでいただいてしまったもんだから、ねぇ(笑)って感じでした。考えてみたら、dip は Fandango(with honeydip) で見て以来だから、かなり長い間ごぶさた。最近では qyb や Pharmacy での活動が主立っており、枯渇しかけかかったところでしたので、喉を潤そうとするのは当然でしょう(笑) 対する DEEPERS は、昨年末の手刀での素晴らしいライブも記憶に新しいところですが、なにやら前回のライブでは新曲を演ったとのこと。なんとなーく音の方向性は予測できましたが、それでもやっぱり聴いてみたくなるのは当然でしょう。うん。

先攻は dip から。開場待ちしている時に幌車さんと、"ヤマジは遅刻してるかも知れないから、DEEPERS が先だろうねー"なんて失礼な話をしていましたが、ロッキンなピアノ曲のSEにのって現れたのは dip の皆さんでした。1曲目はいきなり"13階段の荒野"で、会場内に響き渡るギターのイントロにうっとりしながら、どっしりとした演奏を耳いっぱい、体いっぱいに楽しんでるところに2曲目 "no man break" あの、この曲 dip の曲で一番好きな曲なんですけど。ホントなら最後のほうで聴きたいのに、、なんて贅沢は言いません。もうこの時点でワタシの顔はゲシュタルト崩壊起こしていたに違いないです(笑)たてつづけに3曲目は"water colour" my best に入れてはないものの、この曲もライブで聴きたくて仕方がなかった曲なもんですから、あたしゃもうその場で小躍りですよ。音源では若干ベタっとしたノリなのですが、ライブだとかなりソリッドで痺れました。このあたりから曲順とか飛んでしまうのですが、もう正直この時点でレポートの事なんかどうでもよくなってました。そこからはもう、ステージ上の三人が奏でる音に身を託していました。そのあとも"スラッヂ"やら"waiting for the light"やら、大好きな曲をガンガン演ってくれました。特に後半の"GARDEN" "nowhere to go" ~"9souls"は圧巻のひとこと。前回見た時はややサイケな印象だったのですが、今回のソリッドな演奏は心の底から楽しめました。僕はqybでの演奏は一度も見ていないのですが、そこで評されている"dipでの演奏よりソリッドだ"っていうのをすっかり払拭できたんじゃないかと思います。dipはまだまだ健在だな、と強く思わされました。実は僕はTOSHIBA盤以外はそんなに聴き込んでいなかったので、正直ほとんど知らない曲もあったのですが、改めて最近の曲ももう一度きちんと聴きなおしてみないといけないですね。

さて、後攻の DEEPERS セットチェンジ後のサウンドチェックの時に聴こえたベースが五弦の音だったので、容易に"penguin ep"の曲からのスタートってのは想像できました。最近ではお決まりのオーケストラの重い曲のSEに乗せてメンバー登場。今回はいつもの5人+watchmanさん。って、これも最近お決まりかな。そうこうしているうちに奈良崎さんの「コールター・オブ・ザ・ディーパーズ」というコールのあと、"DEAD BY DAWN"からスタート。前回の手刀の時もそうだったのですが、最近のDEEPERSのライブは出音のバランスが悪いです。今回もベースが大きすぎて、会場がブルブル共振するくらいの重低音。さらに打ち込みフレーズが前に出すぎていてギターの音が埋もれてしまっています。しかも弦と打ち込みの音がダンゴになってしまっている印象。で、ドラムとボーカルだけクリアに聴こえる感じ。うーん。続いて"wipe out"なんですが、これも出音が変わらずでひたすらへヴィなだけ、って感じ。曲は好きなんですけどね。うん。こっから新曲コーナー。どんな曲か知りたくない人のために、ここからフォントの色を白にしときますので、読みたい方は反転させてください。ハイハット6つのカウントのあとに6/8→5/8と展開するリフのあと、まるで特撮の"殺神"を思わせるようなフレーズ。サビは"come over to the deepend"の曲っぽい。次も新曲ですが、これまた6/8の曲。コード進行はDEEPERSではおなじみの気持ちの良いテンション系。そこに3/4の浮遊系ふわふわ哀愁メロディが気持ちいいです。ボーカルにはエフェクターがかけてあって全編三和音+ダフトパンクのボーカルと同じ音程を強制的に調整する処理がしてありました。ん?DEEPERSったら、8ビートを忘れてしまったのか??って感じ。さらに新曲ですが、これは4/4でした。テンポは遅い目で、重たいリフの曲。この曲はメロディが気持ちいいし、好みのコード進行なので好印象。サビではキラキラしたシンセの音が重ねられていて、桜の花びらが舞い散る中に立っているかのような錯覚を覚えました。でも、DEEPERS特有の疾走感はないなぁ。全体的に"newave"と"penguin ep"を足して"come over to the deepend"で割った感じ。うーん。どうやらアルバムの作成に入るようですが、ハっとするような曲をお願いしたいところです。 ここで楽器の持ち替え。続いていつものSEが鳴り響きます。ここのところおなじみの"receive assimilation"うん、この曲はいつ聴いても気持ちがいい。知らない間にトリップができます。特に後半の脳内トランスができるゾーンの気持ちよさったらないですね。それに、PAからの出音のバランスも大分良くなって、聴きやすくなってきました。このあとwatchman氏のキーボードタイムに突入しましたが、ってことは"swimmers"??って思っているところに"prophet proved"、、、。この曲はどうも苦手なので、どうしても気持ちがクールダウンしてしまうんです。でも毎回演奏されているところを見ると DEEPERS的にはアリな曲なんでしょうね。とか思っていたら、次はいきなり"my speedy sarah"!やっぱりこのあたりの曲調が一番好きなので、当然テンションは上昇傾向に。今日のDEEPERSは演奏がどっしりしていて、どこか落ち着いている感じ。"my speedy sarah"も、いつもとテンポは変わらないのですがそんな印象。よーく聴いてみたらボーカルにオクターブ上の音が重なっていて、この曲でもボーカルにエフェクト処理がされている様子。続いて"CELL"ああ、やっぱこの疾走感を求めてDEEPERSのライブを見に来ているのよね。うんうん。奈良崎さんの「もうすぐ夏ですね」というMCに「もしや?!」と思う隙もなく"summer days"のアルペジオがっっ!ライブで滅多と見られない曲なので、すみません、テンション上げすぎて倒れそうになりました。サビの"ふっふー"には心で参加。前で見ていたなら絶対参加してたとおもいますけど、曲は心の中で手を挙げさせていただきました。続いて"blind love"しっとり疾走バージョン。不思議だなー。この曲が落ち着いて聴こえるのもおかしなもんです。若干テンポが遅い目だったからかな。で、本編ラストの"the end of summer"。奈良崎さんによると、もう夏は終わりだそうです(笑)でも、この曲が本編ラストってのはどうかなー。ちょっとしたトラブルがあって演奏が中断したのですが、曲の差し替えを期待したものの機材の調整が済みそのまま演奏へ。でもまぁ、この曲は白い照明が良く合います。視覚的要素も含め気持ちよかったですね。そのあとメンバーは一旦下がりそしてアンコールへ。"青春"というキーワードの元届けられたのは"blink"はじめて聴いた時から大好きで、未だに墓場まで持っていきたいこの曲で盛り上がれないはずはありません。一番後ろに居ましたが、思わず目頭を押さえながら踊ってしまいましたよ。続いて"c/o/t/d" この連打はたまりません。さらにテンションアップ!!そしてオーラスは"dreamman 2"楽しく"ぱきゅんぱきゅん"するおちゃめな奈良崎さんなのでした。懐かしい曲やレアな曲をやってくれたのは大変嬉しかったのですが、正直ここ最近のライブはPAとの相性が悪いような気がします。もうちょっとバランスを考えて欲しいですね。新曲については、レポどおりです。

今回のライブで強く思ったことは、本当にいいライブっていうのは、今回の dip のライブのように、「あ、これは何も考えないで、ステージで鳴らされている音を全身で受け止めたい」って思わせてくれるもんだろうな、と思いましたね。ホント。や、今までもさんざん Jesus Fever やら MSAYA で感じてきたことなんですけども。この日のdipはここ最近のライブで一番気持ちが入り込めたような気がします。

遠征は毎回行き帰りが地獄な訳ですが、同行してくださった幌車兄さんありがとうございました。兄さんの一言がなければ、行人坂にいってみるって企画をいつものように忘れてしまうところでした。あ、メンバーさんが写真を撮った像は、もしかしたら一番最後に見たあの像なんじゃないかと思います。あと、hachimokuさん、お互い時間がなくてあんまりお話できませんでしたけれども、また機会があったらゆっくりと。CDまだ聴いていませんが、また感想送らせていただきます。

はぁ、明日っからまた仕事です。現実に逆戻り。もうこんな時間。。。



スポンサーサイト

2006.05.16 | Comments(4) | Trackback(0) | ライブ行きました

コメント

お疲れたい。新曲の表現が難解で今一つ解らんとです。デパズライブは数曲のヒットと大当たりサプライズに期待、いつからこれが通常感性になたんかしら。まぁ次こそは大阪で夏日々やてくれと。

2006-05-16 火 21:31:00 | URL | GHM2 #79D/WHSg [ 編集]

>GHM2むらさん
んー、曲に対するインプレッションなんて人それぞれだからねー。なんともいえないですよ。ほんと。でもね、cotdさんはもっと地方でサプライズさせてくれないといけないよね。おしゃれ と FOREVER の時は大サプライズがあったけど、年末手刀に比べたら弱いしね。大阪でsummerdaysは熱いな!最前列で暴れちゃうかも。

2006-05-16 火 23:06:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

いつもながらの詳細なレポご馳走様です。
しかし「もうすぐ夏ですね」のところで僕だったら「夏の行人坂キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」って思っちゃって「summer days」が始まったときにはガチンコの国分・長瀬ばりに戸惑いを隠せないですね。
なんつったって初めて聴いたdeepersの曲が「夏の行人坂」ですから。

2006-05-21 日 19:06:00 | URL | ロコ #79D/WHSg [ 編集]

> ロコさん
詳細ですかねー。内容がないような気がするのですけども。
気絶するかと思ったもん(笑)
えー、夏に関しましては、もちろん"夏の行人坂"も大好きなのですが、
DEEPERSのライブに行き始めてから、ずーっとライブで聴きたいナンバーワンは、
"summerdays"なんでございます。だって、滅多にやらないんだもん。
それをいったら"夏の行人坂"もですけれども。むー。

2006-05-22 月 15:19:00 | URL | ziks047catep #79D/WHSg [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。