スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

姫路は近いから行き易いので好きです。

ease presents "New Picnic Syndrome vol.01" @姫路Mushroom

昨日の日記にもありますが、姫路マッシュルームはいままで行きたいライブと仕事の調整がうまくいかず、足を踏み入れたことのないライブハウスでした。"怖"やら"THE PLAYMATES"がよく出演していたり、Jesus Fever と gaji が共演したり、ライブ後の夜中にキミジマさんが体調を崩して、たまたまチャイナさんがそれを発見して介抱したという美談が残されていたり、って後半は直接マッシュルームとは関係ないですがw とにかくそれほど思い入れの強いライブハウスです。今回ようやく easeさんの企画でマッシュルームに遊びに行くことが出来ました。ああ。もう感無量。ビジネスホテルの地下に潜って入り口をくぐれば、、、、。あれ?思ったよりも普通のライブハウスでした。適度な広さと、丁度いい広さのステージがあり、円卓と椅子が数脚。BEARSのような空間を想像していたので(BEARSも大好きです)、思った以上に広く感じられました。会場に入ってまず、ここによく遊びに来てくださっているout_of_mindさんとはじめましてのごあいさつをして同席させていただいたあと、軽く物販を覗いてみたら、ゑでぃまぁこんのライブ盤CD-Rがあったので迷わず購入。ドリンクチケットを交換して(ジュース系のコップがなんとラージサイズ!!)席にもどり、out_of_mindさん、むらさんとお話をしながら開演するのを待ちました。


一番手は、いきなり本日のお目当ての ゑでぃまぁこん
本日の編成は、前回easeで見たときと同じ ゑでぃ+まぁこん+水谷+楯川 という布陣。僕はまだこの編成でしかライブを見ていないのでこんなことを言うのはなんですが、はっきり言ってこれが最高の布陣なんではないかと思います。それぞれのメンバーが出す音が絶妙に溶け合って、耳に届くと同時にα波がど~~っと出る感じ。彼らの手によって演奏される一音一音がすべて、曲自体が求め、必要としている音のような感じがします。会場自体の音も素晴らしくて、聴いていてすごく気持ちよくなってしまいました。今回新曲と思われる曲がたくさんあり、中でも印象的だったのが楯川さんが素手でドラムを叩いている曲。両手で巧みに音をコントロールしながらいろいろな音を出しておられ、改めて楯川さんのドラムが好きになってしまいました。また、木管担当の水谷さんの出される音の、なんともいえない心地よさというか、そのまぁるくあまぁい優しい音は、何の不安もなく守られながら眠る子供のような気持ちになれます。まぁこんさんのベースも同じ。芯のあるしっかりした音で、ボトムを優しくしっかり支えていてくれます。ゑでぃさんのボーカルは曲によってイメージが違っていて、なんとも言えない哀愁を感じることもあれば、まるでジブリの劇中歌みたいな感じとか(曲自体がそんな感じでしたが)、どこか童謡のようなイメージのメロディもあったり。ギターのことはよく分からないのですが、爪弾かれるコードがもうたまらなく気持ちよくって、もう本当、見ていてなんとも言えない幸せな気持ちになれました。またeaseでライブがあるみたいだし(しかもwith 山本精一 とか jenny on the planet とか!)もう楽しみで楽しみで仕方ないです。嬉しいなぁ。

続いては 村岡充+スハラケイゾウ
てっきりデュオだと思っていたのですが、ステージの上にはサポート(?)メンバーが登場。1曲目はまるで羅針盤を思わせるような穏やかな曲。スハラさんと村岡さん、2本のギターの音が会場いっぱいに響いて気持ちいいのなんの。久しぶりにギターの轟音に酔うことができましたよ。(DEEPERSも轟音だけど、轟音の種類が違う。) いまはもう叶わない夢になってしまったけど、羅針盤のライブはこんな感じの気持ちいい音だったんだろうなぁ、と思いながらみてました。カラスと言う曲は初期羅針盤の曲なんですかね?サイケなフォークの裏側に、ちょっとだけ成田弥宇さんの姿が見え隠れしていたよな気がします。ラストはテンポの速い、テンションコード炸裂な曲。ギターの音に酔いしれながら、ほわーっとなりながら終了。

そして本日のダークホース ワンナイトジェラシーズ1人バージョン

セッティングしている姿を見ると、その辺を歩いていそうな普通のお兄さんだが、目を見るとちょっと一癖ありそな不思議な目ぢからを感じてしまいw、あわーい期待を抱きながら見てましたらば、セッティングの合間に機材から聴こえてくるチープなぴぽぴぽ音。この日の対バンからいって、まずありえない音だったのですが、演奏がスタートするや否や僕はもうツボにはまってしまってもう大変なことになってしまいました(笑) カシオトーンの指一本で伴奏できる機能を駆使wして、コミカルながらもやっぱりコミカルな(笑)歌詞を、なんとも言えないイカす譜割りで歌うナイスガイ、ほりゆうじ氏のお姿は、それはもうどんな崇高な音楽家ですら太刀打ちできないほどのカッコよさでした。歌詞については、こりゃもう生で聴いて頂かないとその素晴らしさは分かっていただけないと思いますので、もしこのヘタレ記事を読んで興味を持たれた関西近郊の方は是非ライブへ行きましょう!! もうねぇ、なんといってもメロディの乗せ方が上手くて、思わず一緒に口ずさんでみたくなりました。浪花のモーツァルトもびっくりの覚えやすさとキャッチーさですよ!個人的には"ジーパンが燃えている""野菜を煮ていたら聴こえてくるシタールの響き"と歌う曲、さわやかなメロコア(本人談)であの娘とスキャンダルな曲(笑)と、アルファベットのありがたさを歌う"アルファベット"、"力士のブルース"が特に気に入ってしまいました。また、ラスト2か3くらいで演奏した曲、なんだか聴いたことがある歌詞なんですが、どうしても思い出せない。あげくのはてには、これは山本精一さんの"なぞなぞ"の曲をカバーしているに違いない!と勝手に結論づけてしまいましたが、実はなんてこたぁない、前に買ったCD"No New Nanba"に収録されている編みかけセーターズの曲"つい最近まであったコンビニがなくなっててショック"でした。つまり、僕はこの日のライブ以前にほり氏のうたに既に触れていたんですね(笑)いやー、びっくりしました。ってか、ほとんどの曲、いや実は全曲大好きだったりします(笑) カンペキにほりゆうじ氏のファンになっちゃったよ。どうしよう(笑)

最後は 本日のメインアクト ANDERSENS
予備知識まったくなしでしたが、メンバーをよーく見てみると dip のヨシノトランス氏のお姿が。サイケデリックでシタールな曲を演奏するのかと思いましたが、サックス+フルート+シンセ+ギター+ベース という構成から聴こえてくるのは、どことなく牧歌的な香りのする、それでいてファニーな感じのブレーメンな(個人的印象)曲でした。フロントのフリーフォークな雰囲気の超スリムなお兄さんは、サックスとギターを掛け持ちで演奏していましたが、サックスがあまりお上手でないところが、かえって味になっててよかったです。途中でまるで大陸男対山脈女のような曲もあり楽しめましたが、フリーフォークなお兄さんのボーカルスタイルが不完全なサッチモ唄法で、しかも終始そのスタイルだったため、一気に冷めてしまいました。曲に全然合ってないような気がします。曲は大好きな感じなので、なんだかもったいないなぁ。実は途中から眠たくなってしまって、ところどころ記憶が飛んでいたりします。アンデルセンズさんごめんなさい。

ライブ終了後再度物販を覗いてみたら、ほり氏の"ワンナイトジェラシーズ"と"編みかけセーターズ"のCD-Rがあり、ちょっと迷っていたところに物販をされていた方のプッシュもありどちらも買ってしまいましたw 他にはゑでぃまぁこんのDr 楯川さんのフリマコーナーがあり、CDとカセットの中からジャケットが好きだったという理由でcharlie taylor という方のCDを購入、さらに物販近くにいた楯川さんにお願いして、ジャケットにサインしていただきましたっ。ああ、なんてミーハーなわたくし(笑) 楯川さんも、ただ所有してたってだけで何のゆかりもないこのCDに快くサインを下さりました。ホントにすみません、、、。タカラモノにしたいと思います。はい。




ライブも終わり、out_of_mindさんを駅までお送りすることに。ホントはご飯でも食べながらゆっくりお話したかったんですが、電車の都合もあるし今回はお見送り。ってか、基本人見知ラーなもんで、妙にテンパってさぞ挙動不審な言動をしていたことと思われます。たぶんほとんど言葉になってなかったと思いますが、どうか不快にお思いにならず、今後とも宜しくお願いしマスm(__)m 何か僕が知らないような音楽をどんどん教えていただければ、とても嬉しいですので、その辺も宜しくデス。

で、さらにそのあとは むらさん とサイゼリヤでごはん。もう、安くて美味しくていうことなしです。耳も心もおなかも大満足で家路に付きましたが、何と言っても家から一番近いぴあに載ってるライブハウス(とはいえ下道で片道90分だけど)。またマッシュルームに行きたいなぁ。





スポンサーサイト

2006.08.21 | Comments(0) | Trackback(0) | ライブ行きました

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。