スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

あっという間に3月です。

SUEMITSU & THE SUEMITH / Allegro Cantabile e.p.

研修から帰ってきて、レポートまとめたり、やりかけの仕事したり。
その他にもなんやかんやで気がつけば2月が終わってました、、。
今日はこれから夜勤だし、体がハードワークについていかないっ。

そんなことも関係してか、ここ1週間ほどよくCDを買っています。
このCDは"初回限定:二ノ宮知子書き下ろしジャケ"に見事に釣られました(笑)
SUEMITSU & THE SUEMITH は元々好きなんで、元々買うつもりでしたが。
tr.1) The Time"SUEMITSU"Met"NODAME"
ベートーベンのピアノソナタ"悲愴"に乗せながら、
アニメ版のだめの声優さんの語り+ぶっきらぼう風な末光氏のあいさつ。
実はアニメの録画ミスのおかげで、全くアニメは見てないので、
これがアニメ版のだめの声とのファーストコンタクトです(笑)
この声で"ぎゃぼー!"とか言うんだなー。納得(笑)
tr.2) Allegro Cantabile
SUEMITSUさんらしい疾走ピアノナンバーで、こりゃ気持ちいい!
サビ前とサビからAメロに戻る時の、移調の嵐がもう気持ち良過ぎです。
SUEMITSUさんの声って、低音のほうが好きなので、
サビまでの声が好みなんです。メロディラインも。
しかし、なんでかSUEMITSUさんの日本語疾走ナンバーを聴くと、
"佐野元春"感に苛まれてしまうわたくしでございます。声質?
tr.3) Sonatine
ミドルテンポの清々しさを感じるナンバーでございますが、
個人的にこの手の曲は苦手な部類に入ります。
チューブラベルっぽい音が鳴ってますな。
もっと切ない感じにしたほうが、僕としては好みです。
tr.4) La Chanson De L'adieu
二ノ宮巨匠の書き下ろしジャケとともに、今回の目玉がこの曲。
ショパンの"別れの曲"のカバーなんです。
僕は小学生の頃から、この"別れの曲"が大好きなんです。
どんな感じにカバーしているのか楽しみにしていました。
蓋を開けてみれば、かなりSUEMITSU節全開の正統派カバーでした。
もうちょっとテンポ速い目のほうが気持ちよかったのになー。
ってか、これを聴いていると、その昔富田靖子が"さびしんぼう"
というタイトルでこの曲を歌っていたのを思い出しました。
あのテクノっぽいアレンジとメロディに、ワタクシやられたのでございます。
わー、なんとかして富田靖子版の"別れの曲"も手に入れたいなぁ。

わ!すっごい時間になってる。
軽く寝て夜勤に行ってきます。




Allegro Cantabile Allegro Cantabile
SUEMITSU & THE SUEMITH (2007/02/21)
KRE

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

2007.03.01 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。