スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

わすれた頃にポロっと届く。

ほりゆうじ / TAKEUMA GP

昨年末にゑでぃまぁこんの"TEKE-TEKE SANTA CLAUS"欲しさに
円盤SHOPで衝動注文してしまったCDが3ヶ月経って突然届きました。
いったいどうなっとるんじゃいな?!とメールを送る前でよかった。

で、ほりゆうじさんの初オリジナルアルバムですが、
はいこれ最高です!おかしな中毒性がありますw
以前見たライブの曲が多数収録されていますが、
ライブで見た超チープな打ち込みとは違い、
バンド編成で録音されていまして、これがまたいいのです。
ライブでは、オケのあまりのチープさに
そこばっかり目が行ってしまった、というか、
あまりの飛び道具具合にw見事にハマってしまったのですが、
こうして極普通のアレンジで聴いていると、
歌詞(というか言葉選びのセンス)の素晴らしさが浮き立ちますw
自分の目線半径5メートル以内を切り取ったような、
すぐそこにあるようなないようなことを、しれっと歌っておられますw
歌詞を見てたら、別に目を閉じなくても映像が浮かぶことうけあいです。
町を歩いていて目についたことを10秒で歌にしたようなリアルさですw
やめられないとまらない。そう、かっぱえびせんのごとく病み付きです!!
目の前にあったら、つい食べちゃうようなあの感じ。
や、それだけじゃないんです。メロディもいいんです。
1回聴いたらもうあたまにこびり付いちゃってる感じ。
これがまた、バンドアレンジだからこそはっきりくっきりなんです。

このCDを皆に勧められるかって言えばそうではないのですが、
でも、iPodをシャッフルにして車で流していてほりさんの曲が流れたら、
「え、これなんですか??」って気になっちゃうと思いますよ。
で、次の瞬間もう頭でフレーズがエンドレス再生してると(笑)



TAKEUMA GP

2007.03.19 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

あっという間に3月です。

SUEMITSU & THE SUEMITH / Allegro Cantabile e.p.

研修から帰ってきて、レポートまとめたり、やりかけの仕事したり。
その他にもなんやかんやで気がつけば2月が終わってました、、。
今日はこれから夜勤だし、体がハードワークについていかないっ。

そんなことも関係してか、ここ1週間ほどよくCDを買っています。
このCDは"初回限定:二ノ宮知子書き下ろしジャケ"に見事に釣られました(笑)
SUEMITSU & THE SUEMITH は元々好きなんで、元々買うつもりでしたが。
tr.1) The Time"SUEMITSU"Met"NODAME"
ベートーベンのピアノソナタ"悲愴"に乗せながら、
アニメ版のだめの声優さんの語り+ぶっきらぼう風な末光氏のあいさつ。
実はアニメの録画ミスのおかげで、全くアニメは見てないので、
これがアニメ版のだめの声とのファーストコンタクトです(笑)
この声で"ぎゃぼー!"とか言うんだなー。納得(笑)
tr.2) Allegro Cantabile
SUEMITSUさんらしい疾走ピアノナンバーで、こりゃ気持ちいい!
サビ前とサビからAメロに戻る時の、移調の嵐がもう気持ち良過ぎです。
SUEMITSUさんの声って、低音のほうが好きなので、
サビまでの声が好みなんです。メロディラインも。
しかし、なんでかSUEMITSUさんの日本語疾走ナンバーを聴くと、
"佐野元春"感に苛まれてしまうわたくしでございます。声質?
tr.3) Sonatine
ミドルテンポの清々しさを感じるナンバーでございますが、
個人的にこの手の曲は苦手な部類に入ります。
チューブラベルっぽい音が鳴ってますな。
もっと切ない感じにしたほうが、僕としては好みです。
tr.4) La Chanson De L'adieu
二ノ宮巨匠の書き下ろしジャケとともに、今回の目玉がこの曲。
ショパンの"別れの曲"のカバーなんです。
僕は小学生の頃から、この"別れの曲"が大好きなんです。
どんな感じにカバーしているのか楽しみにしていました。
蓋を開けてみれば、かなりSUEMITSU節全開の正統派カバーでした。
もうちょっとテンポ速い目のほうが気持ちよかったのになー。
ってか、これを聴いていると、その昔富田靖子が"さびしんぼう"
というタイトルでこの曲を歌っていたのを思い出しました。
あのテクノっぽいアレンジとメロディに、ワタクシやられたのでございます。
わー、なんとかして富田靖子版の"別れの曲"も手に入れたいなぁ。

わ!すっごい時間になってる。
軽く寝て夜勤に行ってきます。




Allegro Cantabile Allegro Cantabile
SUEMITSU & THE SUEMITH (2007/02/21)
KRE

この商品の詳細を見る

2007.03.01 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

すごいおにぎり。

おにんこ!/ ノンポリシー商店


エモっぽいのやパンクをあまり聴かないようになって久しいですが、
直接的に激しいものよりも、ヘロヘロの裏側に隠された狂気みたいのを
感じさせてくれるものを好むようになっています。
この"おにんこ!"なんてまさにその代表ですかね。
このCDを聴いてたら、不思議と怖いですもん(笑)
ギャギャギャ!とギターを掻き毟ったり、
ぎゃぎゃぎゃ!とボーカルがステージを叫びながら転がりまわるより、
おにんこ!のメンバーが発する音のほうが、迫り来るものを感じます。

でも一番大事なのは、聴いてて楽しいってとこですね



20070210111006.jpg ノンポリシー商店
おにんこ! (2007/01/20)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る


2007.02.10 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

こっちのほうがイイ!

山本精一と不思議ロボット / MIND GAME (o.s.t)

これは良いです!先に買った"不思議ロボット"のo.s.tよりも!
なんと言っても、いきなり1曲目がチャイナさんがドラム叩きまくりで、
かつ音の処理もいいので、こりゃもう辛抱たまらん!
その後も割とバンドっぽいサウンドの曲が多く、
アンビエントっぽいのもあるものの、はっきりしてて分りやすいので、
聴いていても全然飽きないし、楽しい曲が多い!!
それに、チャイナさんの声が聴けるところもあるし(笑)
なにげに 楯川さんが参加してるのも見逃せませんがな。
楯川さんもドラム叩きまくり(ってかソロでサンバっぽいの!)だし!!
これは良い買い物をしました。大満足!

iPod用にこのCDのジャケット画像探していたら、
アニメ本編のDVDの詳細がありまして、
スペシャル・パッケージにはなんと"山本精一と不思議ロボット"の
ライブ映像やら、このCDから漏れた曲が収録されてるCDまで付いてます!
ちょっとお高いのですが、これも買ってしまおうかなぁ。
お金ないんだけどなぁ(笑)

明日は前の職場の友人と「たまごごはん」を食べに行って来ます!
去年の夏にこの店のことを知って、寒くなりだしたころから
行こう行こうと言っていたのですが、なかなか休みが合わなくて。
そのうちにテレビやら雑誌やらで紹介されまくって、
食べるのに行列ができちゃったりするみたいです。
ちなみに但熊っていうお店です。

新鮮たまごごはんー!!うおーw



マインド・ゲーム オリジナル・サウンドトラック マインド・ゲーム オリジナル・サウンドトラック
Fayray、山本精一と不思議ロボット 他 (2004/07/16)
レントラック・ジャパン

この商品の詳細を見る

2007.02.08 | Comments(4) | Trackback(0) | CD買いました

不安になるんです。



常日頃から歌詞をほとんど見ずに音をメインで聴いているわけですが、
鬼束ちひろの曲から受けるこの"負のエネルギー"みたいなのはなんだろう。
tr.5 "we can go"なんて、曲調的にはアップテンポだし、
メロディの運びもどこかカントリーっぽさを感じるのに、
そこに鬼束さんのボーカルが乗るとずしっと重たくなる。
こんな事を書くと鬼束ちひろファンの方が怒るかもしれませんが、
僕は精神的に落ちている時にこのアルバムを聴くと、
たぶんさらに落ちて落ちて、これ以上落ちないってとこまで落ちます。
キライって意味ではないです。むしろ、だから好んで聴いています。
DEEPERS の "GUILTY FOREST"と似たような感覚かなぁ。
音のタイプは全然違うのにw

これで"私とワルツを"をちゃんと聴くことができます。
さて、カラオケで歌えるように練習しよう。
ってか、鬼束さんの書くメロディって複雑で独特。
1回聴いたくらいじゃ覚えられないですな。
あ、だから好きだってのもあるのか。なるほど。


the ultimate collection the ultimate collection
鬼束ちひろ (2004/12/01)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

2007.01.31 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

シューゲイザーいろいろ。

electro group / Ummo

さらっと聴いてみて、日本で言うなら luminous orange meets maikotobranco
って感じ。どっちも日本の代表的シューゲイザーですね(笑)
何と言うか、トラットリアからリリースした頃のルミナスオレンジのオルタナ感と、
maikotobranco のストレートさが融合した感じ。
ボーカルは男性がファルセットで歌ってる感じで、これまたマイコト系。
なんでシューゲイザー系の男ボーカルはこうもファルセットっぽいのか。
個人的には低音ヴォイスで攻めるのもありだと思うのですが。
全体としては マイブラの loveless から混沌を差っぴいた感じ。
時折聴こえる鍵盤の音が rocketship っぽいなぁ。
この盤の中で一番好きな曲はダントツで tr.6) Ummo です。
ちょっとダーティな感じの方が好きなのだー。


Ummo
Electro Group / / Omnibus
ISBN : B00018D62K





2007.01.24 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

キレイキレイしましょ。

Mew / Why are You Looking Grave? collector's edition

何となく色んなblogをうろちょろしていて見つけたバンド "Mew"
試聴してみて自分好みの音だったので買ってみました。
ポップになった mogwai って感じがしないでもないですが、
メロディとコード進行のバランスは自分好みで好きですね。
ジャケが面白かったので、もうちょっと飛び道具ありかと思っていたものの、
音のほうはかなりキレイな仕上がりになってます。
"Why are You Looking Grave?"のバージョン違いがどーっと収録されていて、
一番最初にこれを買うのはどうか??とも思いましたけど、
次を聴いてみたいっていう気にさせてくれたのでOKですか。
ちなみに初期音源をコンパイルした2枚組みは既にオーダー済みです。
どこかでプレス数限定みたいに書いてあったので、思わず買っちゃった。
他に頼んだCDが未入荷で、手元に届くのはまだまだ先っぽいですが。


Why Are You Looking Grave, Pt. 2
Mew / / Sony / Bmg Import
ISBN : B000BU2D72




2007.01.15 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

まさかの無更新1週間。

V.A / FINE TIME ~A Tribute to NEW WAVE

自分でもびっくりするくらい忙しいですー。
音楽もほとんど聴いてないです。こんなこと滅多にない。
風邪ひいて寝込んでも聴いたりしてるのにね。
でもまぁそろそろ落ち着いてくるころでしょうか。
って、もしかしたらこれはココロの叫び??願い???
まぁ、もうちょっとこの状態が続くと思うので、
更新ペースはしばらくこんな感じかも知れません。

んがぐぐ。

あ、件のCDですけども、前々から欲しかった
CONVEX LEVEL の "video killed the radio star"収録CD
ってか、まだその曲しか聴いてません(笑)
だって、通勤時間5分強なんですもん。
それにしても、やっぱりアンニュイなこの曲のカバーは素晴らしい。
正統派ギターロックってキャプションがついていますが、
全くその通りだと思います。聴いてて気持ちよすぎる。
何回繰り返して聴いても最高です。

前にこのCDを買わない理由として "CCCDだから"って言っとりましたが、
初回限定ジャケの誘惑に負けてCCCDのん買ってしまいました(笑)


どうやら週末には雪がちらちらしそうです。
車のタイヤの溝がほとんど無くなってて、先日ハイドロってしまったので、
これから実家に置いてあるスタッドレスタイヤをとりに帰ります。
のだめカンタービレ、今日の放送分は明日帰ってから見ます。

Fine Time~A Tribute to NEW WAVE(CCCD)
V.A / KRE
ISBN : B000197KZ8




2006.12.11 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

チャイナさん音源集め。

山本精一と不思議ロボット / きまぐれロボット original soundtrack

これってば、星 新一さんが原作だたんですね。
小学生の頃、勧められて初めて読んだ小説が 星 新一さんの文庫本でした。
DVDも見てみたくなりましたがな。

音のほうは、羅針盤チームだけにそれっぽい音ですが、
そこはやっぱりサントラだけに、突飛なところのない音作り。
なんだけどー、どこか引っかかるフレーズが不思議ですねー。
チャイナさんのドラム、大活躍ってわけじゃないけど、
そこはやっぱりチャイナさん。特徴のある"間"はそのまんま。

まぁ、まだそんなに聴き込んでいないので、これからですけどねー。


きまぐれロボット O.S.T
山本精一と不思議ロボット / RENTRAK
RECS-00039




2006.11.28 | Comments(0) | Trackback(0) | CD買いました

とうとう買ってしまいました。

原田知世 / 2000BEST

この日の記事で書いてますが、ワタシ原田知世のある曲にメロメロなんです。
"ときめきのアクシデント"という曲で、TVドラマ"ねらわれた学園"のエンディングでした。
この曲のメロディ、アレンジ、歌詞、当時小学2年でしたが、
カミナリに打たれたように大好きになり、テレビから録音して聴いていました。
その気持ちが未だ変わらず、この年になって買ってしまったわけです。

このCDは80年代中期~後半まで所属した SONY RECORDS からのリリースですが、
最初期の PONY CANYON、次の TOSHIBA EMI の音源まで収録されているのがミソ。
TOSHIBA EMI 時代の曲にまったく思い入れが無く、
(当時何故かTOSHIBAが大嫌いだったのも原因)
聴く機会がなかったので、ちょっとありがたいです。
今回、松任谷由実作曲作品である、"時をかける少女" "ダンデライオン" "守ってあげたい"
を聴いてみて、僕は松任谷由実の曲はけっこう好きってことがわかりましたね。
荒井由実時代の曲は聴けるし、好きだってことを考えると、
やっぱり松任谷になってからの、あのボーカルスタイルがダメなんだと思います。
さらに、やっぱり 来生たかお 作品がたまらなく大好きなのも再確認。
中学生の時に好きだった 南野陽子 の曲も 来生たかお作品が好きだし、
たぶん"ときめきのアクシデント"と同時期だったと思いますが、"夢の途中"も好きでした。
なんだろう。来生さんの書くメロディって、なんとも言えない切ないメロディなんです。
さらに、秋元康/後藤次利ペアの "雨のプラネタリウム" "空に抱かれながら" も、
この曲を聴いていたあの当時と変わらず、今聴いてもすっごい好き!!
オリジナルアルバムを買ってみてもいいかもしれないくらいカッコいいです。

好きな曲が限られているので、買うまでもないと思っているような、
当時大好きだったアイドルの曲も、今改めて聴いてみたら新しい発見があったりして。

さあ、明日からいよいよ新しい職場です。
不安も大きいですが、、、、、


やっぱり不安ですねぇ。

2000 BEST
原田知世 / SONY MUSIC ENTERTAINMENT
ISBN : B00005G7MZ




2006.10.31 | Comments(2) | Trackback(0) | CD買いました

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

deeptone

Author:deeptone
オンガクとか、のだめとか。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。